FC2ブログ

ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

歩き続ける日  

風力


-- 続きを読む --

category: 歩き続ける日

tb: --   cm: --

雪の日に  

1月13日。雪に覆われるJR長崎駅。
雪の長崎駅2

朝の全国版ニュースでトップで出るほどこの冬1番の雪。羽田からの便はあっさり欠航、高速&バイパスは通行止めの中、JRは動いています。前日はぱらぱらと降った程度でしたけど、一夜明けたら銀世界~!

って、浮かれている場合ではありません。
-- 続きを読む --

category: 歩き続ける日

tb: --   cm: 4

8月15日  

落陽


8月も半ばを過ぎて、夏休みも半分以上終わりました。
暑さの中、いろいろなことが始まって終わって、ああ、こうやって激動の夏も薄れていくんだなと思いました。まだまだやるべきことは沢山あって、何かと要領の悪い私なので、つい後回し気味で、そうしているうちに新しいことが出てきて、また用事が増えちゃっての繰り返しです。
-- 続きを読む --

category: 歩き続ける日

tb: --   cm: 2

復活の日  

復活の日

気が付けば7月。
ようやく普通の生活が戻って来ました。
疲れた心もなんとか復活してきています。

-- 続きを読む --

category: 歩き続ける日

tb: --   cm: 2

臓器移植法改正案  

多分ここ何年も行ったりきたりしている法案と思うのですが、進展があったようです。
今回特に子供の臓器移植がポイントになっています。

「脳死は人の死か?」という疑問は、実際人それぞれの考え方があると思うので、こういう審議が有効なのかどうかわかりません。いつも党に従いな!的な政党も流石に団結せよとは言えなかった様で、個人の判断で…みたいなことを言ってました。

-- 続きを読む --

category: 歩き続ける日

tb: --   cm: 2

崩壊する家族と回復する心  

夕刻

6月です。叫んでます。

京都の記事を書いている間、実家にも私の中にもさまざまな変化や軋轢があって、一体それをどう扱うべきか、どう処理してゆくべきかと悩み続けていて、実はまったく出口が見えない状況です。母が亡くなってからのこの8ヶ月、実家の中にずっとあり続けていたにもかかわらず、誰も勤めて見ようとしなかった問題に、ことが現実になってから振り回されているこの頃です。

-- 続きを読む --

category: 歩き続ける日

tb: --   cm: 7