ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アル・ゴア復活  

ビル・クリントン氏がアメリカ大統領だった時に副大統領だったアル・ゴア氏は、その次の代に『環境大統領』となる予定でした。
でも結局ブッシュJrに敗北してすーっかり影が薄くなっていて、一体どうしているのかなと思っていたら、復活してきましたよ。

アル・ゴア氏が大統領選に出たときに環境問題を揚げていました。そのときにはまあ、環境問題が流行りそうだったので、政治家が流行に乗っているんだなくらいの認識しかなかったのですが、実はその後もずっと地道に関わってきていたのですね~。

日本の政治家が第一線を退いて何をやるかというと、どうもあまりいい話が無くて、酷い事になるといつまでも議員をやっていて会議中に寝ていますよね。何処の老人ホームかと思うような光景がたまにTVで流れて失笑を買ったりしています。

今何か活動している人というと、元大学教授が元の仕事に戻ったとかくらいです。独りだけ頑張っているのが細川元総理の奥さんくらいですね。スペシャル・オリンピックの日本理事をされています。
こういう有名人が参加したり声を上げたりすると、世間の注目を集めます。どうかしたらそれを機に世の中が動く事だってありうるわけです。
政治に携わってきた人たちはかなり顔が売れている訳です。何か人様の、できれば弱くて力の無い人たちのために、または誰もが見逃しやすいでも大事なことのために力を尽くすことが、権力の正しい使い方でしょう。

アル・ゴア氏はアップルのお偉いさんをしつつ、まだ環境問題に関わっていたのですね。流行追っかけタイプじゃなくて生涯学習タイプでした。驚き!

ゴア氏の著書『不都合な真実』のことはAllyさんの記事で知ったのですが、まだ本屋では遭遇していません(お高い本はまず立ち読みな私)。映画もあるそうなのですが、どこで?扱い小さいな~。

私にとっては環境問題というと大きすぎてどこから実行して行けばいいの?地球温暖化ってどうやって止めるの?って感じです。
でも今の世界の感じで行くと、多分環境問題ってアメリカや日本やEUなら何とかなりそうですが、問題のひとつとして中国ははずせないと思います。発達が急激ということとそれに見合った教育が果たして社会主義国でされているかという疑問があります。

社会主義の教育というのはかなり都合の良いことしかされませんから、それが科学から芸術分野まで世界の普通レベルかというとかなり危ないのは、多分誰もがうすうすと感じていることでしょう。旧ソ連の教科書には蒸気機関を発明したのはロシア人の誰かってことになっていたそうですよ。(本当はジェームズ・ワットとかトーマス・セイヴァリとかイギリスの人が多い。あとフランス人)

こと中国のこととなると日本のマスコミはドン引きなので、日本の『不都合な真実』はこちらかもしれませんね。

世界各国が中国に気を使っているこの頃、復活したゴア氏が痛いところにシビアに切り込んでいけるかどうかが、政治的戦略としての選挙の前宣伝なのか、真剣な仕事の遂行のための権力の利用なのか、見極め所かもしれないと思っています。


スポンサーサイト

category: ふつうの日

tb: 1   cm: 4

コメント

ブッシュJr.が

こないだ突然エネルギー政策の方向転換を打ち出したのって、やっぱり次の選挙対策(自党の後継者のための)なんでしょうねえv-40
アル・ゴアさんの環境保護活動についてのレポート、こないだこっちのテレビでもやっていました。

URL | ぴかまま #0f8TWzyY
2007/02/16 02:53 | edit

いつもお世話になります

ぴかぴさん、ぴかままさん、こんにちは。
引用して頂いたのに、コメント遅くなってすみません。

あの本は立ち読みで部分的にご覧になっても(どこをとっても)結構衝撃的で映像として記憶に残るのではないかと思います。図書館などに常備してほしいです。

日本では何をするべきかを考えたとき、まず資源のない国なのですから、もっと自然エネルギーに力を入れなくてはいけないと思います。それに例えば容器リサイクルを徹底するために容器はサイズごとに素材と形を決めてそれ以外はNGにするとか、使ったら捨てるだけのトイレットペーパーは再生紙以外に300%の贅沢税をつけるとか、まだまだ社会全体でやれることがたくさんありますよね。

子供達に少しでも良い地球を残すためにがんばりましょう。

URL | Ally #ObfDOctE
2007/02/16 20:13 | edit

ぴかままさん!

ブッシュJrって、一体何がやりたかったのか謎ですよね。政治を利用するときには、公と弱者のためであって欲しいと思います。

もっともアメリカの兵器産業は15年ごとに戦争がないとつぶれるそうなので、戦争も公のため?
何処よりも強くて、文化を輸出できる数少ない国なのに、勿体無いことです。

環境保護に関してはドイツが先輩で、見習いたいです。日本は(何処でもかもしれませんが)利権が絡むと難しくなるので、こういうことこそ権力を利用して行けばいいのになと思います。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2007/02/17 14:30 | edit

Allyさん!

引用させて頂いたのに報告がおろそかになっていてすみません。

ウチの近くにあった大きな書店が撤退してしまったので、駅まで行かなきゃなかなか本の立ち読みが出来ません。この本は大人向けですけど、小学校の図書ボランティアに訊いたら、図書室には入れるそうです。

最近は小学校の社会科でも理科でも家庭科でも、リサイクルや資源のことは学ぶそうです。給食ででたごみも(自分達のぶんだけですが)分別させるんですよ。できればそれに加えて、食べ残しの処分もさせて欲しいですが。(食べ残しは年々多くなってきているの。)

省資源もリサイクルも、子供の頃からの教育が大切と思います。だから教育が無い国が不安なんですよね。このままでは黄砂に混じって放射能廃棄物がくるなんて夢じゃないです。

ようやく最近、リサイクルのものの値段が下がってきました。詰め替え用の洗剤も容器入りより安くなったので、なるだけそちらを選ぶようにしています。せめてそういう気持ちは忘れないでいたいですね。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2007/02/17 14:44 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pikapino.blog46.fc2.com/tb.php/122-e1234be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初雪

昼間、外は明るかったけれど、はらはらと雪が降りました。先週買ったこの本と同じ内容の映画、きょうから公開だそうです。まだ読んでいるところですが、つい空を見上げてしまいます。不都合な真実映画のHPはこちら追記:この映画は第79回アカデミー賞で長編ド....

Dancing Allyのキッチン | 2007/02/27 10:31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。