ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

失言以降  

柳沢大臣の「子供を産む機械」&「2人健全」発言が予想通りうやむやになりました。

怒っているのは女性議員ばかりで、男性議員、特にオヤジとジジイ年齢は多分大賛成していると思われるだけにむかつきます。若者おぼっちゃま議員は何がいけないのかわからなくてボ~っとしているのでしょう。仕事しろよ。

とりあえず私は今後オヤジとジジイ年齢には投票しないことにします。
ところで、この発言にげっそり傷つきながらも、こっそり救われちゃった友達がいます。

1人は独身でビシビシ働いている友人Kです。彼女は大変有能なのですが、何分田舎ですから有能がゆえに上司や同僚からあれこれ言われていたんです。仕事のことで何を言われても、結果という形で出せばそれは負け犬の遠吠えです。しかし結婚や子供のことを言われるとそりゃムカつきますって。

自分の奥さんには精神的にも経済的にも大していい暮らしをさせていそうに無いオヤジが「やっぱり女は子供を産んでなんぼよね」みたく白昼酔っ払いのようなことを普通に言ったりなぞしていて、たまに怒りのTELが来ていました。
それが発言以降、ぱったりと止まって、不気味なくらいだそうです。いくら鈍感なオヤジでも、大臣でさえあそこまで糾弾されるのですから、一般人な自分などひとたまりもないと気が付いたのかもしれません。よかったよかった。
最近職場環境が落ち着いてますます仕事に精を出し、ますます縁遠くなっているらしい。

恋をしろよ!K!


もう1人は一児の母Tです。結婚してしばらくの間子供が出来なかった彼女は、その間もダンナの実家からねちねち言われていました。仕事もしていたのでそれに関しても言われました。ありがちなことです。因みに給料はダンナより高かったそうです。その仕事も泣く泣く止めました。

ようやく生まれた子供は女の子でした。

さて、大変不思議な話なのですが、男性の実家って、はっきり言ってそんなに大したことがない家でも何故か「家」を存続させることに力を入れます。Tの所もそうでした。つまり男の子を生まねば嫁としての価値は無いという感じです。そして姑は当然自分は男の子を産んでいるわけですから、妙に偉そうなことが多い。例えそれが中学時代ぐれちゃって高校も退学して職にも就かずにいつまでも親のすねをかじって遊んでいる息子だったとしてもです。

Tからその話を聞いたとき、一体あんたはどんなすごい家に嫁いだの?何代くらい遡れるの?資産は??と訊いたことがあります。でも遡っても曽祖父くらい…って言うのには笑いました。資産は多分親の老後で無くなるらしい。普通じゃん!ウチと一緒じゃん!

でもその姑さんのチクチクは続きました。一人生まれたので今度は舅も「次は男の子」コールでした。皇族か?

それが発言以降、ぱったり止まりました。あまりの静けさにひょっとして何か重大な病気が発覚したのかなと思ったそうです。この静けさが何処まで持つかわかりませんが、とりあえず現在は快適な生活だそうです。よかったよかった。


思わぬ収穫をモノにした2人の友達でした。
めでたし、めでたし。

人のプライベートには口を挟むと余計な軋轢が生まれます。例え大臣でもね。私も口には気をつけなきゃと思うこの頃です。


スポンサーサイト

category: ふつうの日

tb: 0   cm: 4

コメント

口は災いのもと?

ほんとですよね。うやむやになってしまいましたね。
あの大臣、あとからどんなに言い訳しても、どんなに決意を述べても「あんたの本音はわかってるぞ」って言いたいですよね。

社会がだいぶ多様化してきましたがそれでもまだまだですよね。私の若い頃はそれこそ20代後半に結婚しないでいると悲壮感がありました。親も結婚させるのに必死!でも、本当にそれが幸せかって聞かれると「はい」とは自信を持って言えません。私にも独身の友達がいるのですが、たまにうらやましくなったりして・・・。

皇室も男系男子じゃないとダメというような訳の分からんことをいっているし、だいたい今まで男系男子が続いているっていうのがおかしな話ですよね。側室というものがあったからじゃないですか。雅子妃も子供を産むために皇室へ入ったのじゃないって言えるといいですよね。とても気の毒です。


URL | kuisinbou #-
2007/02/24 22:07 | edit

こちらでも

カトリックの枢機卿が同じ傾向の問題発言をしたとかで、昨日テレビのニュースで非難囂々でした。カトリック系である保守の党からさえも「時代錯誤」とばっさり切り捨てられてましたよ。なんたって党首・首相が女性ですからね、ここは。
さらりと聞き流してしまったので文脈をちゃんと追っていたわけではないのですが、そのニュースの中で、「女性を子供を産む機械に喩えた、云々・・・」というくだりがあって、あ、もしかして日本のあれが例に出された?!なんて思っちゃいました。ニュースちゃんと聞いてれば良かったなあ(笑)。

URL | ぴかまま #0f8TWzyY
2007/02/25 06:51 | edit

kuisinbouさん!

そうなんですよ。
やはりうやむやになってしまいました。

私の頃もそうでしたよ。20代で結婚って言うのがすごく重大で、29歳で結婚した友達は多いです。人生の良し悪しなんて本人にしかわからないのにね~~~。
自分の規格に合わせたがる人たちは、人生はもっと複雑で難解だということを知って欲しいなと思います。

価値観もいろいろになってきましたが、とりあえずそばに誰かがいてくれたらそれで十分豊かだと思います。

雅子妃は本当にお気の毒です。でも私の周りには「次の次の天皇陛下は?」と訊くと「愛子様でしょ」という答えが多いんです。何故かというと「だって歴代の天皇様に一番似ているじゃん」とのことです。確かに…。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2007/02/25 15:37 | edit

ぴかままさん!

そうそうドイツはメルケル女史がいらっしゃるのですよね。イギリスのサッチャー首相みたく「鉄の女」なのでしょうか?サッチャー氏は好きだったな~。

実は長崎県議会はつい最近まで女性議員がいなかったのですよ。すごいでしょ!市議会もそんなに女性議員の歴史は古くないんです。
1度誘われて長崎市議会を見に行ったのですが、すごい下品な野次が、特に女性議員が発言する時に飛びまくります。オヤジが一斉に野次を飛ばすんです。きっと外国の方が見たらびっくりされると思います。九州は男尊女卑の地方柄ですから特にひどいのかな?

しかし柳沢議員はドイツにまで恥を晒しているのですね~。
笑えます。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2007/02/25 15:52 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pikapino.blog46.fc2.com/tb.php/126-7e470b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。