ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

雲仙旅行  

長崎は観光県です。あちこちに見所があって、長く住んでいても案外行ったことがない場所というのがあります。
そんな長崎県の中で、私がもっとも好きな観光地、それは雲仙だ! 

雲仙というと、ひところは火山が爆発して大変な災害がありました。全国の皆様のご声援のおかげもあり、現在見事観光地として復活しています。温泉の質も良く、お湯の量も多いです。日本で始めての国立公園、風光明媚で何回行っても飽きません。

けれど悲しいかな、田舎の中途半端さからか最近の観光業界は振るわなかったようです。でもそのうち上向きな日本経済がこの西の端の温泉地にも利益をもたらす日も遠くはないでしょう。
たぶん??
とにかくみんなの予定がかみ合わない上に、土日に夫の仕事が入る我が家、一泊であってもお出かけすることはなかったのですが、この年度末に突然一泊旅行(?)ができることになりました。息子の合格祝いに日帰りで福岡に行こうかと言っていた矢先に振って沸いたような休日、速攻で温泉に行くことになりました。

さて、土曜日は全国的に朝から春の嵐でした。夕方には曇りという天気予報を信じて長崎を出発したものの、途中諫早あたりではますますひどくなる暴風雨、海沿いに出ると普段は穏やかな海が荒れまくりです。下り坂が続く道をゆっくりと運転し小浜(ここも温泉が有名)をこえて、雲仙にむかって登ります。山には桜の木が多くて、晴れていればきれいだろうなと思いつつ、暴風にハンドルを取られつつヨロヨロ…。フロントガラスをたたく雨風に桜の花びらが混じってかわいそうでした。雲仙の温泉街に到着したのですが、ホテルの表示もまったく見えなくて迷いました~。

雲仙3
今回お世話になった「新湯ホテル」です。昨日は暴風雨で見つけられなかったのですが、今日見るとすごく解りやすい場所でした。
お風呂は男女2つづつ&家族風呂です。到着しても外には出られないし、ここは温泉三昧、娘と二人、食前に地下の濁り湯、食後に1階の打たせ湯とかハーブ湯とかがあるお風呂へ入りました。もちろん露天風呂にも入りました。
このホテルだけじゃないと思うのですが、最近はエコ活動の一環として、温泉においてあるタオルはみんなリユースです。新湯ホテルは脱衣所に沢山のタオルが置いてあって使い放題!新品と違って吸水性が良く、使ったらクリーニングボックスに放り込んでおくので本当に気持ちが良かったです。


雲仙2
次の日は快晴でした。ホテルに車を預けて付近の散策です。これは「足湯」。この時間は清掃中だったのですが、この丸い切り株の座布団(?)に座って足湯をします。


雲仙4さて、雲仙の地獄めぐりです。ここは地獄の入り口!あたりは硫黄の臭いが漂っています。
大好きな雲仙ですがひとつだけ残念なのが、子供のバギーや車椅子に対しての配慮がほとんどなされていないところです。この地獄めぐりも途中で階段になるので、車椅子の人はUターン。入り口に配慮が必要かと思いました。逆の出口側から入ると距離は短くても地獄の感じは堪能できますから。



御山のあちこちに水蒸気が上がっています。(ここで「御」をつけるのは、こちらでは雲仙は「御山雲仙」と呼ぶのが標準だからなんです)
付近の岩は白く変色しています。不思議なのはこの高温でもかなり近くまで植物が生えていることです。植物も白く変色しているものがあります。
雲仙5

雲仙6

もういい加減にしてくれ~~~ってくらいの水蒸気。
雲仙8


地獄めぐりが終わったら山頂の仁田峠に向かいます。
仁田峠に登る有料道路は長崎で私がもっとも好きな道路のひとつです。特に夏は涼しく車の窓を開けて運転すると爽快!音楽も消してひたすら静けさを堪能します。山全体が音を吸い込んで、文明の利器である車を運転しているにもかかわらず、自然と一体になって呼吸が楽になります。
ところが…昨日の嵐のせいか、思いっきり霧です~。風景はまったく見えません。
雲仙1

仁田峠までは登れたのですが、頂上も霧でまったく見えませんでした。
しぶしぶ下りの道に入ったのですが、そこでなんと娘が…野生のいのししの群れを見たそうです!山肌を一瞬どどどっと駆けて行ったそうです。娘以外は見られなかったのですが、この当たりは野生動物は沢山いるそう。私も見たかったです~。


おまけ!雲仙9
春の使者、土筆があちこちに生えていました。
驚きの事実!→ウチの子達は地面に生えている土筆を見たことがなかったそうです。珍しくてシャメしている子供たち。


雲仙10
こちらは夕食で出たコーラ。瓶のコーラは久しぶりに見ました。

雲仙はもともと仏教の僧の修行所だったのですが、戦後外国人のために避暑地として開けました。夏の平均気温は21℃という快適さです。
軽井沢ほどに広くはないのですが、こじんまりとしていて、家族で行くには程よい場所です。特に私は長崎にいるので、車で2時間ほどのドライブもちょうど良い感じ。夏の旅行にはぴったりです。途中に小浜温泉があって、ここは大変体が温まるお湯質なので冬の旅行向きでしょう。
温泉のほかにも『ビードロ美術館』やゴルフコースもあります。四季折々のイベントもあります。のんびりといらしてみて下さい。




スポンサーサイト

category: ちょっといい日

コメント

はじめての土筆!

そっかー、お子さんの世代だと生えてる土筆って見たことないんですね。
もう少したったら、土筆自体見たことないとか、土筆を食べられるのを知らないとか、そんなことになりそう!
そしてやはり若者は携帯ですね~。
昨日も会社の隣の東大の桜はどうかしら…と夕方行ってみたら、携帯で写真撮ってる若者がちらほちらいました。
私などは今時化石のカメラ無し携帯…。(笑)
去年、東京駅のミレナリオが最後だというので見に行ったときに丸ビルの上から見たら、ミレナリオのイルミネーションよりもみんなが斜め上を向けて携帯を差し出して撮っている、その画面の薄いブルーの色のほうが目だっていて、しかもずら~っと並んでいるのがちょっと不気味でした~!

URL | 楽子 #w7E8CPEA
2007/03/30 11:23 | edit

温泉でぽかぽか

雲仙・・修学旅行以来ずっと行っていません。何年前?!
温泉地はいいですよね。なんとなく癒されて・・・。足湯は結構あたたまりますよね。有馬温泉で友達と話題づくりにと足湯をしてみましたが、その後体がずっとぽかぽかして汗ばむほどでした。

暴風雨ありの子供さん達との旅行、思い出作りになりましたね。

URL | kuisinbou #-
2007/03/31 08:42 | edit

ぴかぴさんへ

雲仙!懐かしいです~♪

結婚前、旦那と行きましたよ~!
当時、旦那の会社の保養所が雲仙は小浜にあって、一般のホテルや旅館に泊るよりも、かなり格安でした。

私は大勢に観光客が押し寄せるような所は苦手なので、雲仙のように少々のんびりした観光地の方が好きですe-266
また、行ってみたいなぁ~!

瓶のコーラ!懐かしい~~~!
学生時代の部活のあと、一気飲みしてました。
しかし、一気飲みの後に出てくる大量のゲッ○・・・スゴかった!(笑)

URL | あまおう #UG5m6lRw
2007/04/01 01:33 | edit

楽子さん!

そうなんです。
実は前日の夕食に土筆のおひたしが出たものですから、驚愕のうちの子達でした。夫の田舎では卵とじして食べるのですが、こちらではおひたしみたいです。ちなみに私の田舎のほうはまったく食べませんでしたが…実家、近いのに…。

菜の花や蓮華の様な派手さはないですが、近くの土手に土筆が出ると、春になるな~と感じていた頃が懐かしいですね。

東大の桜は見事でしょうね。池の周りをよくデートしました(駅だけは私は根津、夫は本三を使っていたのよ)。東大は銀杏も立派で、四季折々の楽しみがありますよね。地方にはあんな大きなキャンパスを持つ学校がなくて残念です。

ところで、私も化石系の携帯だったのですが、このたびめでたくカメラつきになりました!
でもまだ、携帯のカメラからPCに落とせません~。猫に小判!

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2007/04/02 13:47 | edit

kuisinbouさん!

kuisinbouさんはずっと関西だったのですか?関西からは修学旅行は九州? だったらこちらとは逆パターンですね!

雲仙は建物こそ新しくなってはいますがお湯はきっと前のままですよ!そのうちいらしてくださいね。

子供たちとこうして出かけるのは本当に何年ぶり?って感じです。中学になると本当に忙しくてなかなか一緒に動けませんでした。
今度はいつ行けるのかな~。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2007/04/02 13:53 | edit

あまおうさん!

小浜に保養所とは「通」な会社ですよ~。小浜は建物こそ小さくて地域的にも雲仙よりずっと小さいのですが、お湯はすごくいいですからね!お肌はつるつるになりますよ~。隠れたスポットと思っています。

瓶のコーラ、なぜか旅館ってこれですよね。しかもひとつが270円!と、ある意味超高級品でした。
私の高校の自販機も瓶でした。ファンタのゴールデンアップルとかありましたよ。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2007/04/02 14:01 | edit

雲仙!

私も数年前、だんなと小浜温泉に1泊したことがあります。
露天風呂がなぜか駐車場にありような民宿で、あまり居心地は
よくなかったのですが…(汗)

地獄めぐりはすごく迫力があって、圧倒されました。
地獄蒸し(でしたっけ?)っていう名前に惹かれてゆでたまごを
二人で食べたなぁ…
また行きたくなって来ました^^!

URL | mocataro #1Wi9p9Kw
2007/04/03 06:50 | edit

mocataroさん!

小浜は一番大きくて古い旅館ですらすごくひなびていますよ~。小さな温泉街ですから仕方がないですが、田舎の中途半端なお金のかけ方が…。お湯質は大変良いのでそのあたりを宣伝すればと思います。

ところで、

mocaさんがいらしたときには多分なかったと思うのですが、小浜の入り口にインド寺院を思わせる宗教法人の建物ができて「ここはどこ???」な状態になっています。こういうのがど~んとあると、引いちゃうよな~って感じです。

ゆで卵は我が家もみんなで食べました。お約束ですよね!

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2007/04/03 09:28 | edit

雲仙!

雲仙普賢岳でしたっけ?当時噴火で大変な被害が出たのは。
観光地としてすっかり復活したようで本当によかったですね。
温泉、いいなあ・・・。
イノシシに土筆とは、お子さんたちよい経験を出来ましたね。
私も実は、土筆を食べたことはまだ無いのですが、さすがに生えているところは知っています(^_^;)。今どきのこどもたちは、特に都市部だと、そういう野草で遊んだりする機会もないだろうから、なんだかちょっとかわいそうな気もしますね。
ところで!大学時代私も、根津駅はよく使っていました。たいていはJRだったんですが、地下鉄で行く場合は根津が一番芸大には近いですからね。

URL | ぴかまま #0f8TWzyY
2007/04/04 20:55 | edit

ぴかままさん!

はい、大爆発したのは普賢岳です。
被害は莫大で長崎でもあちこちで募金活動がありました。
しばらくして私も行ったのですが、火砕流によって半分埋もれた家々がまだ放置してあって、痛々しいものでした。今でも仁田峠からは火砕流が通った痕が見えます。今回は霧で見えなかったのですが…。

何よりも観光に行くことが復興を支えるとのことで、あの頃友達の間でも雲仙へ行くことが流行りました。
今では傷跡もすっかり癒えています。

土筆のことはあまりに当たり前すぎて、子ども達のことにはまったく気がつかなくて、今更の驚きでした。

芸大って根津を使うのですね。まったく行ったことがなかったので知りませんでした。お友達も通っていたので一度は行っておけば話しの種にもなったのにな~と思っています。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2007/04/07 20:34 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pikapino.blog46.fc2.com/tb.php/137-8e40d4e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)