ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

花冷え  

「市長襲撃事件」の見出しが「市長射殺事件」になってしまいました。
私の周りもその話で立ち止まることが多い1日でした。まだ駅前は警察の捜査が続いているらしく、テープが張られたままだそうです。

市民によってお悔やみの花も手向けられてはいるようですが、銃を使ったあまりの惨劇だったものですから、花ですら痛々しく見えて心を癒すことができなさそうです。

亡くなった市長は私的にはあまり好きな政治家ではありませんでした。政治家としての信念があまりにゆるかったからです。確か初めて立候補したときは、前市長の本島氏が長期政権だったことを非難した上に、反戦反核に頼ってばかりの長崎を脱却しようみたいなスローガンを揚げていたと思います。でも結局4期目もちゃっかり立候補しちゃうし、いつの間にか平和市長になっちゃうしで、外から見ているとコロコロと信念を変えてしまう人だなあという感じでした。
本島前市長も狙撃されたことがありますが、こちらは思想的な犯行でした。今回はまったく私怨からの犯行ですから動機や背景なども薄っぺらで、政治家としてはあまりに切ないものがあります。

今朝の新聞には22日の市議・市長選の折込が入っていて、差し替えができなかったのでしょうが市長の広告もそのまま載っていて、つらいものがありました。そのときまで元気で選挙カーから手を振っていたわけですから、この世の無常を思い知らされます。支持者じゃなくても悲しくなってきます。

犯人の私怨っていっても4年前のことをここまで根に持つというのもすごい(しかも車のトラブル!)。安部総理も新聞も「民主主義に対するテロだ」みたいなコメントをしているのですが、私はむしろ「教育の敗北」だと思います。このところ「自分の思い通りにならないのは他人が悪い」という風潮が広がっていると思いませんか?思い通りにならないことなんて周りには掃いて捨てるほどあって、むしろ自分が描いたようになることこそごく稀で、しかもかなりの努力を要します。このあたりわかっていない大人が多いです。特に60歳前後で切れちゃうっていうのが多くて、若造ならとにかく一体何のために歳をとったのかと言いたい。(でも自分を振り返って、果たして60までに落ち着けるかは疑問…あまり強く言えないな~)


新たに市長の娘婿が立候補するそうです。婿だからといって義父と同じ政策なのか、同じ考え方なのか疑問ですが、争うことの嫌いな体質の長崎のことですから、おそらく同情票の援護もあって他の候補(必ず候補を立てる共産党以外に2人の女性候補がいますが、どちらも泡沫)を引き離して当選することでしょう。それでも決して万歳ができない、喜びを分かち合うことができない悲しい選挙戦です。


スポンサーサイト

category: ふつうの日

tb: 0   cm: 9

コメント

やりきれない・・・

長崎市長ってニュースを聞きすぐに「あっ!ぴかぴさんの地元」って思いました。
長崎駅は近いのですか?

ほんとにそうですよね。思い通りにならないことばかりです。私の場合、子育てを通して切実に思います。

市長の娘婿が市長選に立つ?同情票が集まるのかなあって話しましたが果たしてどうなるのでしょうか?こちらも次の日曜日は市議選ですが、選挙カーで名前の連呼ばかりでしらけてしまって・・・。

URL | kuisinbou #-
2007/04/19 23:52 | edit

恐ろしかったですね。

私もあの日はあまりの出来事にテレビの前から動けませんでした。
ちょうど事務所で記者会見が行われる予定だったそうで、テレビや新聞が直後から生々しい映像や記事を出したのも、衝撃的でした。

私も理由が何であれ、銃一発で片をつけるっていう短絡さは
どうにかならないのかと思います。
「事故処理への対応が不満…」うんぬんっていう動機は、本当に
そうなら人ひとりを殺す(銃を使って、しかも仮にも暴力団の幹部クラスの人間が)にはあまりにも薄っぺらだとも思います。

娘婿の立候補とか、後のことはどうなんだろうと思いますけど
大事なのはやっぱりこういう事件に対して、多くの人が危機感を
持っていくことでしょうかね~。



URL | mocataro #1Wi9p9Kw
2007/04/20 03:23 | edit

なるほど。

たいへん興味深く拝読しました。
これはあくまで一般論として書きますが、どうも近頃の日本(のマスコミ)って、人が命を落とすと、すべてを美談のようにしたがる傾向がありすぎるように思います。
そればっかりじゃなかったはずなのに、その人のいいところだけを極端に取り上げ、問題のあった点はすべてうやむや、なかったことにしてしまうような・・。
未成年の若い女性が事件に巻き込まれて亡くなる、その女性は小学校の文集に、看護士になりたい、と書いていたので、やたらと、看護士になる夢が断たれた、と報道する、
でも、よく考えれば、亡くなったときも真面目に看護士を目指していたのなら、彼女がそんな事件に巻き込まれるはずはない(が、誰もそれを口にできない)、
といったかたちです。

もちろん、あらゆるケースで今回の事件のような暴力は許されません。
伊藤長崎市長のご冥福をお祈りいたします。

URL | かめとも #kLCZl7R6
2007/04/20 08:23 | edit

kuisinbouさん!

ウチから長崎駅まではそこそこ距離がありますが、JRなら10分です。
駅周辺には私の大好きな中華料理店のあるホテルや、映画館の入っている大きなデパート系の建物があって良く遊びに行くんです。亡くなった市長の選挙事務所は道を隔てたところにあって本当に市の中心部です。借りるとしたら高いでしょう(すみません庶民で)。

時間が経っていろいろ背景が見えてくるとますます怖くなってきます。うわさもいろいろ飛び交っています。

でもポスターもあっという間に張り替えられて、人が一人亡くなってしまうって、なんてあっけないんだと思ってしまいます。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2007/04/22 14:27 | edit

mocataroさん!

本当に怖かったです。
使った銃がアメリカ製38口径というのも怖かった。てっきり中国軍から流れてきた物かと思っていましたから。(もちろんそれでも問題なのですが…精度的にアメリカのほうが怖そうじゃないですか)

今日は投票日でした。私も含めてみんな複雑な気持ちでの投票だったと思います。

長崎の政治家は反戦平和と反核をやっていれば勤まると悪口を言われるのですが、今回、反暴力も加わりました。毎日のぼんやりした平和の中で訴える反戦も反核も今回はなんとなく姿が薄かったです。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2007/04/22 14:39 | edit

かめともさん!

はい。私もそう思います。

今回もニュースのインタビューで流れた2,3人のご意見で「長崎市民が誇りにしていた市長」ということにになりました。(私は入れないで!)

昨日は故人の奥さんも遊説に周ったそうで、このあたり引き継ぐものが何であるか考えたら、一族というだけで立候補するのはどうかな~と思ってしまいます。ちなみにお婿さんは長崎に住んだことないとか…。大丈夫か!?

結局、娘婿のほかに市役所の観光課の方が立たれました。「長崎さるく博」を企画して成功させた人だそうです。

私的にはまだそちらのほうがまだマシかなと思うのですが、果たして長崎的同情票に勝てるでしょうか。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2007/04/22 14:58 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2007/04/23 00:03 | edit

最近は・・・

最近は、なんだか物騒な世の中ですね。

先週は、銃のニュースが続いてしまってつらかったですね。
海外のニュースだと思っていたことが、日本でも近くで起こってしまう・・・
こんな事が『いつも』になってしまわないよう、願いたい物です。

長崎市は大変でしたね。
市民のみなさんは戸惑ったことでしょうね。
家族か、部下か・・・
家族だからって故人と同じ様に出来るかといったら疑問です。

自分の勝手な理由から人を殺せるなんて許せないですよね。もう、いい大人なんだから・・・

URL | ラニカイ #KoPTJAY6
2007/04/24 01:25 | edit

ラニカイさん!

本当に最近、銃の事件が多かったですね。
こちらは新市長も決まって、少し落ち着いたように見受けられます。でも駅前を通るたびに手向けられた花々を見ると胸が痛くなります。

こういう事件を今後どうやって防ぐかは、どこの国でも地方でもこれからの課題になると思います。
難しいことでしょうけれどやらなきゃいけないことでしょうね。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2007/04/24 12:46 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pikapino.blog46.fc2.com/tb.php/143-4cc0cc2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)