ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

洗濯機の掃除~その2  

悪戦苦闘の洗濯層のお掃除だったのですが、その間ネット検索をして見つけたモノや考えた方法をご紹介します。
少しでも参考になれば幸いです。
【洗濯層の臭いと垢の対策】
洗濯後、洗濯機の蓋を開け放しておくことは必須。外部層を少しでも乾燥させるために糸くずネットやその他の付属品など、取り外せるものは全部取り外す。

乾燥機つきの場合、毎日乾燥機を使う場合はあまり心配ないと思う。時々しか使わないなら、洗濯後、乾燥機をかけたほうがいいと思う。毎回は無理だけどせめて1週間に1回。
今回すごく反省したのですが、乾燥機をあまり使わないのに、たまに使う時に便利という欲につられて乾燥機つきを買ってしまったあたり敗因。収納のコツと同様、あまり使わないならいっそないほうがマシかもしれません。

【洗濯層の掃除】
検索にかかった方法etc

洗濯層いっぱいに水を張って掃除をするのは共通ですが、これに入れる洗剤がいろいろ違います。また、洗濯層に入れるのはできればお湯のほうが効果があるようです。
地球に優しい方法から…。

お酢
1~3カップのお酢を入れて洗濯モード。お酢には殺菌効果もあるので、カビの発生を防ぐ効果も期待できます。一度すすぎます。

お酢&重曹
1~3カップのお酢を入れて洗濯モード。水を捨てたら重曹を全体に降りかけておく。翌日はこのまま洗濯します。

いつもの洗剤
いつも洗濯に使っている洗剤を入れて洗濯モード。できれば排水しないで水をためたまましばらく(できたら一晩)おきます。その後もう一度洗濯モード。脱水したらすすぎはいりません。そのまま翌日の洗濯を。

酸素系漂白剤
酸素系漂白剤を1本(250mlくらい)いれて洗濯モード。液体の方が解け残りがなくてよい。一晩置いて脱水。そのまま洗濯を。

塩素系漂白剤
もっとも強力かもしれませんが、取り扱いに注意!塩素系漂白剤を250mlほど入れて攪拌、一晩おきます。翌日脱水してから一度すすぎモード。もう一度脱水して、洗濯層の下に残っている水を飛ばします。塩素系は強力な脱色効果があるので、少しでも残っていると色物がまだらになってしまいますから。

どの方法でも黒いカビに対してはそれなりに効果はあるのですが、内層の外側に付くオレンジ垢はかなりしぶといです。すぐに付着するようです。

あと、洗濯後、少しだけ脱水をしておけば、洗濯層の下にたまって残っている水を飛ばすことができるので、カビの予防になりそうです。


結局、マメに掃除しなさいってことでしょうかね~。


追記:
前記の記事でぴかままさんのコメントにあったように、高温で洗うことができれば、多分それが一番良いと思います。
実は洗濯の方法でも一番良く汚れが落ちるのは「煮洗い」なんです。洗剤を入れて鍋で煮る方法です。ただこれは繊維をいためたり、縮んだりするので、洗いモノが限定されます。
でも、高温だと消毒にもなるので、これができるのは羨ましい限りです!

スポンサーサイト

category: ふつうの日

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pikapino.blog46.fc2.com/tb.php/145-4e56c773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。