ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

『川中島 幻舞』~日本酒の復権  

北の地方では雪が降って寒い日が続いているこの頃、南国長崎ではつい最近まで昼間はぽかぽかと暖かく過ごしやすい日が続いていました。先日の激しい雷雨でようやく冬が来た感じの寒い日です。

昨日のおかずは『おでん』。なるだけ寒い日にハフハフ言いながら食べたいこのメニューです。
昨年は息子の高校受験があって、実はコンビニおでんにはお世話になりました。(息子がですがね)。下校の途中に立ち寄るコンビニ、買って食べる熱~いおでん。あたりは暗いし寒いし…受験への不安な気持ちと空腹をほこほこ満たしてくれたコンビニおでん!

そして今夜のおでんはいつもと違ってちょっと脇役です。なぜってね…

届いたの!!!『川中島 幻舞』だっ!
…って、借りたパソコンなので画像を取り込んでいないのですが…。

このお酒を紹介してくださったのはリカーマンさんのブログです。丁度年末で美味しい日本酒が欲しいと思っていた矢先の渡りに船でした。速攻で買いましたよ!
購入はこちら 『酒千蔵野』

さて、『川中島』です。…美味です!
美味しいことを表す私の貧困な言葉は「おいしい」とか「うまい」くらいですが、これは「びみ」と言いたい。ひとくち含むと繊細な舌触り、奥行きのある透明さ。はらはらと梨の花が散るような広がり。(桜じゃなくて梨だよ!)喉元を過ぎると力強くしみこむ熱っぽさ。(結構きます)
これは女性の杜氏さんが作ったものです。私はプロの仕事に女性とか男性を持ち込むのは嫌いなのですが、これはあえて女性が作ったと言いたい。大変気に入りました。
夫にはちょっと軽すぎて物足りなかったそうです。


リカーマンさんの記事に「日本酒の復権のためには」(12月2日)がUPされています。本編の記事だけでなくコメントも大変考えさされます。

いつでも人気のビール、ボジョレー騒ぎのたびに人気が出る感のあるワイン、根強い人気の焼酎に比べて、すっかり影が薄い日本酒です。
本当は日本文化の一つといえるくらい、日本人との付き合いは長いはずなのですが。

我が家では最近になって日本酒の出番が増えてきたのですが、たぶん肴となりえる和食が多いからだと思う。何ゆえ和食にシフトしてきたか考えると、子供達がピラニア世代となってきたので、主食が米の飯になってきたからじゃないかな?3人のピラニアに食べさすとなると、どんぶり飯をまかなうだけのおかずが必要で、それはやはり一度に沢山作ることができる煮物とか鍋物になるからでしょうね~。1人ずつ盛り付けるタイプのおかずはなかなか食卓に上がらなくなりました。それって洋食が多いじゃないですか。それに量のことと経済的なことを考えるとね~。
子供達が巣立って家族形態が変わって、夫と二人になったらまた傾けるお酒も変わってくるのでしょうか。

ともあれ日本酒、宝石のように磨かれたこの酒が多くの人に愛され受け継がれてゆけばいいなと思っています。酒に弱いくせに好きな私、九州の片隅から叫びますよ。
スポンサーサイト

category: ちょっといい日

tb: 0   cm: 7

コメント

No title

>宝石のように磨かれたこの酒が多くの人に愛され受け継がれてゆけばいいなと思っています。

この一文、とても素敵です。
「宝石のように磨かれた」という言葉は、ウイスキーよりもワインよりも焼酎よりも、よくできた日本酒にこそ似合います。
私が現在飲んでいるのは(この季節になると毎年だけど)、岐阜県は加茂郡八百津町、山田商店という雰囲気も何もない名前の蔵の「むかしのまんま」という純米です。
ぴかぴさんもぜひいつかお試しくださいませ。

URL | かめとも #kLCZl7R6
2007/12/07 00:14 | edit

世界に誇れる日本酒

いろいろとリンクを貼っていただいてありがとうございました。

かめともさんも言っておられるように、「宝石のように磨かれた」という表現が最もよく似合うのは、おそらく地球上のあらゆる酒類の中で最も複雑な造り方をするであろう、日本酒にこそふさわしいと思うのです。

ただそのことが当の日本人のほとんどの方に理解されていない、それがとても歯がゆいですね。
自国の酒にもっと誇りを持って欲しいのに、それが反対に存在感を失くしつつある現状.......、
まあもっとも、いい加減な日本酒を垂れ流し続けてきた多くの生産者の責任も免れないでしょうけど。

今からでも遅くない、世界に誇れる日本酒というものがこの国にあるのだということを、日本の特に若い人たちに知って欲しいと思っています。

URL | リカーマン1号 #-
2007/12/07 20:20 | edit

かめともさん!

ありがとうございます。
ちょっと恐縮していますよ。

この季節はどんな場面でも日本酒が美味しくなりますね。まだまだ語るほどは飲んでいないのですが、そのうちかめともさんみたく大切な一本が見つけられたらと思っています。

「むかしのまんま」は是非飲んでみたいです。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2007/12/08 15:19 | edit

リカーマンさん!

こちらこそ本当にいいものを紹介していただいてありがとうございます。
リカーマンさんの記事を読んだ時「これだ!」と思いました。こういうカンってあるのですね~。

最近夫と日本酒を飲む機会が増えたのですが『川中島』は大切な一本になると思います。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2007/12/08 15:24 | edit

No title

日本酒って言うと熱燗にして、和食と共に冬に・・・

っていうイメージですね。
それに、大人のお酒っていう感じがします。
ビールのようにグビグビいかないですもんね。
いったら最後・・・夢の中です。

私も、あまり飲めませんが、日本酒チビチビっていうの好きですよ。

日記から、とーっても、美味しいいんだなぁっていうのが伝わりましたよ。

URL | ラニカイ #KoPTJAY6
2007/12/12 21:32 | edit

ラニカイさん!

もっとツウの方達なら他の食事とも上手に合わせるのでしょうけど、まだまだヒヨコなのでオーソドックスに楽しんでいます。

このところ『川中島』ばかり飲んでいるのですが、最初に封を切った時の味と時間がたった今とで味が変わっています。
始まりの繊細さが少しずつ薄れてはっきりとした主張のある味になっています。どちらも美味しいですよ~。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2007/12/13 11:41 | edit

No title

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/meannano/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

URL | みんな の プロフィール #-
2007/12/13 20:02 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pikapino.blog46.fc2.com/tb.php/210-37cf2dbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)