ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

5月の10大ニュース  

花咲き乱れる五月(さつき)です。

いつも利用している「長崎~諫早」のバイパスの走る山々は、寒さの終わりに咲く黄色いシナミズキが終ったかと思うとあっという間に木々の花が咲き始めました。これは花粉系の臭いが強くて窓も開けられないくらい。過敏な方なら花粉症は覚悟しなくてはならないほどです。

冬の間常緑の木々で落ち着いていた山々は今の時期には落ち着かない黄緑と黄色になってしまいます。これから新緑になるまでの間は植物に喧嘩売りそうです。「花粉飛ばすなよ!」なんてね。

でも途中で垣間見る家庭のお庭は花ざかり!お散歩も楽しくなります。


すでにかなり過ぎているのですが、5月のニュースUPです~。
今月はとにかく忙しいので、小さく具体的に行ってみます。
ぴかぴの『5月の5大ニュース』

1.5月中に衣替えが完了した。例年みたくセーターを抱えたまま夏を迎えなくてすんだ。
2.ベランダの掃除をした。
3.食事の後片付けが早かった。食後にゆっくりできた。
4.余分な本を売りに行った。物を抱え込まない生活の第1歩になりそうで嬉しい。
5.楽器を寄付した。


5.の楽器はこちらへ寄付の予定です。→アルトサックス国境なき楽団

寄付をするところは探せば沢山あって、私も衣類や本を寄付したことがあります。寄付っていくつかの作法が必要ですが、お金そのものを寄付する以外は、無料で寄付をすることは出来ないということを知っておかなきゃいけません。寄付されたものを色々な場所へ送ったり、一時保管するための倉庫を借りたりすることで、受け取る側には大変な費用がかかるのです。だからものを寄付するときは、忘れずにいくらかの費用も一緒に送るのが鉄則です。(「衣服1箱につき1500円」などのある程度の代金は指定している場合が多いです。忘れずに支払わなきゃね)



何年か前からウチのマンションのエントランスを道路が通るという工事が進められています。今日は長年マンションのシンボルだったエントランスの木達が無残に切り倒されて切り刻まれました。これはゴミになるそうです。

長年私達を楽しませてくれて、夏には大量のセミが羽化した木達。(ウチのマンションの子供達は皆一度は必ず、夏休みの自由研究にセミの羽化の観察をした!)。香りのよい花をこぼれるように咲かせてくれた金木犀。今まさに賑やかに咲いていたつつじ達。
どれも一緒に暮らしてきたのですが、あっというまに切り倒されてしまいました。

新しい道はいつ完成するかわかりません。あと何年も工事の状態が続くそうです。出来上がった道は幅と方向が少し変わるそうですが今までよりも何が便利になるかというと、あまり変わらないそうで、まさに建設業者のための、そして、土地を売ることが出来た人たちのための工事みたいです。(土地を売って大きな家を建てた人の中には市議会議員とその票田に住む支持者達が含まれます。)



何年もかけて育ってきた木達を切っていく様を見ていたら、どこかで罰が当たっちゃうんじゃないかと心配になりました。


緑を失った私達は、失くした分だけ、懲りずにまた新しい緑を作る予定です。




その前に、また実家へ帰省してきます。


スポンサーサイト

category: がんばる日

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret