ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

伝わらない心  

初秋の夕暮れ

このところ毎週ごとに九州と四国を行き来しています。

母の病気の関係です。

私は3姉妹で、姉妹で母の看病をしています。ごく普通の姉妹なので大きな揉め事などがあるわけじゃないのですが、それぞれに立場や考え方の微妙な違いがある訳です。

この連休は仕事がお休みなので末の妹が泊り込んでいます。(因みに明日からは私。)末っ子は独身で両親と暮らしているので、彼女の負担は大きいと思います。因みに真ん中の妹は泊まりこみはしません。それも彼女のスタンスですから無理強いはしません。私たちにとって母よりも問題なのは父で、それを書いちゃうと本が一冊書けます。

昨夜末っ子からメールがきて、それは普通に「今病院…」から始まって母の事と一緒にウチにいる父の事が書いてあって、私はいつものようにレスをしました。内容は、とにかく完全主義な妹達なので、あまり無理をしないでということと、少し肩の力を抜きなさいということ、それにその日文化祭だった息子のことでした。ところが返信してきたメールを見てびっくり!「お姉ちゃん達は家庭があるから、実家で起こっていることは関係ないから無関心でいられるよね。」とか「どうせ独身の私が犠牲になればいいんだから。」みたいなことでした。

私はあの当たり障りのない内容で何が気に障ったのかわからないままで、とりあえず、なにか誤解をしてはいないかという返信をしたのですが、返って来ませんでした。

私は遠くに離れて家庭を持っていて、でも沢山いる同じ立場の人たちよりはずっと母の看護には関わっていると思っています。先週も平日に四国に行って、直接病院へ泊り込みをして直接病院から長崎へ帰ってきました。実家にも寄っていないの。だけど妹達が付いてあげられない時間を少しでも埋めてあげたいとかなり頑張ったつもりなんですね。かなりしんどかったの。で、この連休が終ったらまた四国への長旅です。この1年間こういう繰り返しでした。勿論半端じゃないお金もかかりました。1度の帰省で5万円はかかります。3分の2くらいは両親が負担してくれたのですが、毎月の娘への仕送りと下宿代とがあるので、幾分かは貯金も崩しました。世間って子供の教育費とか自分達の老後のお金は貯めておく人たちは多く、ウチもまさにそれなんですが、親の看護にかかる費用については貯めておくほど余裕のあるご家庭は少ないと思います。

実はウチは次男が車椅子なのでそれなりの配慮が必要です。自分では立つことも座ることもできません。私はPTAでは馬鹿にされる「主婦業」だけど、実際に仕事をしていないからって役を押し付けられることも多かったのですが、40kg近い次男を扱う日々は重労働なんです。「はっきりいってあなたのパートの方が楽だよ。ギャラももらえるじゃん」という感じでした。彼は高校生になって養護学校の寮に入ったのですが、休みの日は帰宅しますから、母の看護は平日しかできないの。休みは子供の介助ね。

で、こういう苦労って誰が知らなくても、身近な妹達は知っててくれるはずって思ってたものですから、特に今回のメールはかなりショックだったんですね。今までいろいろなことで傷けられてきたし、そこそこ大人なので、心的には傷だらけで今更つけられる傷なんてたいしたものじゃないと思っていたのですが、久しぶりにかなりきつかったもので、何だか書き出せば気持ちも落ち着くんじゃないかと思って書き出してみました。今回ばかりはポケモンによる癒しも効かなかったもので。

スポンサーサイト

category: ふつうの日

tb: --   cm: 4

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2008/09/15 18:19 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  #
2008/09/16 01:24 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 |  #
2008/09/16 22:04 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2008/09/20 20:46 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。