ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

迷子のトム君  

トム君


柴犬のトム君は実家のアイドルです。人間の年齢に換算すると70歳くらいのかなりのおじいちゃんです。耳はかなり聴こえないようで、かつてはちょっと窓をずらしただけでも飛び起きていたのに、最近は窓を開ける大きな音にも気づかないで眠っています。目も悪くなっているようです。加齢と共に衰える機能は人も犬も同じですね。

母が他界して、実家には末の妹と父が暮らしているのですが、寂しい日々の中でトム君の存在は以前にも増して温かく癒されるものとなりました。犬好きな方でなくても想像できることと思います。

ところが11月の初日、妹から涙の電話が・・・・!
トム君が居なくなったとのことです。
さあ大変!だって、目も耳も悪いわんこですよ!犬の得意技の鼻だって多分歳相応に衰えているはず・・・!足だってガンガン走れた昔とは違います。迷って遠くに行っちゃったら帰って来れないかもしれません。

トム君の捜索には妹の犬好きの友達も参加してくれました。トム君の写真と様子を載せたチラシを作ってご近所にポスティングしました。警察、市役所、町内会にも連絡しました。保健所は休日なので人が居ないとの事、連れて行かれることはないとのことでした。我が家には仕事休みにも関わらず、妹の職場の犬好きさん達が集まり大捜索網です。お隣のおじいちゃんも連休の間自転車で探してくれました。

・・・でも見つからない・・・。

連休の間、皆が心配しました。


連休明けの火曜日、仕事が始まった保健所に電話したら、それらしき犬が捕獲されているとの事です。妹達は会社の休み時間に早速保健所へ。

そうしたら居ましたよ~きゃー保健所につれてこられていました~!



トム君は、すごく遠くまで迷って行ってました。その町の公園の溝にはまって動けなくなっていたそうです。体の半分は水につかっていたそうで、寒い日だったので半日も浸かっていたら死んでいたかもしれません。
それを公園に遊びに来ていた小学生達が見つけてくれて、救出してくれたんです!救出後、何処の犬だろう・・・??ということで、小学生達はトム君に付き添って歩いていたそうです。
そこで、犬好きのおばちゃん登場!犬と一緒に歩いている小学生の集団を見つけて、「君達、どうしたの?その犬は?」って訊いてくれたんです。子供たちが訳を話すと、犬好きおばちゃんは早速自宅からリードを持ってきて、トム君を繋いで連れて帰ってくれたんです。

犬好きな方ですから当然自宅には犬が居ます。内弁慶なトム君は、我が家ではお山の大将で、吼えるわ飛びつくわ穴掘るわで、わんこ界のジャイアン的な傍若無人な生活を送っているのですが、違う場所では「借りてきた猫」のごとくおとなしく、大体の人からは「おとなしくていい子ですね~」とか言われます。詐欺師です。
突然ご主人様が新しいわんこをつれてきたわけですから、そのお宅のわんこは黙っちゃいません。本能に従って吼えまくりだったそうで、どうしようもないと思ったおばちゃんは動物愛護協会へ電話しました。すると何を間違ったか保健所の方たちが、捕獲用の檻をもってやってきたそうです。
おばちゃんは電話をかけたことを後悔したのですが、どうしようも無いですよね。

翌日、溝から救出してくれた小学生達が、「おばちゃん、あの犬はどうなったの?」と家に訪ねてくるに及んで、おばちゃんはご主人と相談して、もし1週間たって保健所に電話して引き取り手が居なかったら何としても自宅で飼おうと決めたそうです。

なんと、この方は愛護協会へ電話をする前に別のお宅にも電話しています。実家の方には市内のいろいろな情報を集めたミニコミ誌があるのですが、そこの「迷い犬」の記事を取っていたそうです。(犬の里親探しもあって、トム君もそこで貰ったんです)
ちょっと前に「青い首輪の柴犬」というのがあったので、もしかしたらと思って電話をしたそうです。そちらからは家族8人が総出で見に来たそうで、ここも犬好きなお宅だったのでしょうね。記事を取っておいたおばちゃんもすごいです。
以前、おばちゃんちの飼い犬も居なくなったことがあって、そのときはご主人も息子さんも仕事を早退してきて探したそうです。結局そのわんこは自力で家に帰っていたそうです。そのときの気持ちを思うと、わんこが居なくなったおうちの人たちがどんな気持ちでいるか解るそうです。「この子も絶対探しているはず・・・!」おばちゃんはそう信じていたそうです。


助けてくれた小学生達はおばちゃんが名前を控えてくれていたのでお礼の電話ができました。多分トム君を溝から引っ張り出したときには自分達だって汚い水で汚れたと思います。親御さんにも叱られたかもしれません。子供たちが通っている小学校の校長先生にもお礼を伝えました。最近マスコミでは叩かれることの多い教育界、でも地道なところではこんな子達が育っていると思うと希望が繋がります。

一緒に探してくれた妹の会社の犬好きさん達、町内会の犬好きさん達、皆様に心からの感謝です。




心温まる出来事でした。もしかしたら母が守ってくれたのかもしれません。

その後のトム君はというと、しばらくは反省の色も濃く、妹の姿が見える範囲で行動していたそうですが、そろそろジャイアンにもどりつつあるそうです。我が家のカメさん達も相変わらずですが、それでも居なくなっちゃたら寂しいかも・・・・・多分・・・・・。ちょっとばかり愛を注いでみようかなと思っていたりします。




今回聞いたことですが、保健所には捕獲された動物のほかにも、飽きたからとか流行おくれになったからとかの理由で、飼い主が自分達で持ち込む動物達が多いそうです。一度飼ったらどんな子でも家族の一員です。最後まで一緒に居てあげて欲しいですね。
スポンサーサイト

category: ちょっといい日

tb: --   cm: 6

コメント

よかったですね

とてもいいお話を聞かせていただきました。
何かと世知辛い昨今の世相の中、1匹のワンちゃんを巡って、見知らぬ者同士が暖かい気持ちを共有できていたからこそ、無事戻ってこれたのかと思いました(もちろんお母様のお力もあったでしょうね)。
まだまだ世の中捨てたもんじゃないな、そんな気にさせてくれるお話ですね。

URL | リカーマン1号 #-
2008/11/10 00:56 | edit

見知らぬワンコのために一生懸命になってくれる見知らぬ人々。こういう人々がいる限り、日本も捨てたモンじゃないなと思います。

←の金魚にも癒されました(^o^)。

URL | ぴかまま #0f8TWzyY
2008/11/10 14:56 | edit

リカーマン1号さん!

本当に世の中捨てたモンじゃないと思いました。皆様に感謝です。それからわんこ好きってすごく多いということも発見です。

もしトム君がこのまま帰らなかったら、特に末妹は、正直立ち直れないんじゃないかと思いました。悲しみは相変わらずふっとやってくるのですが、時々見つけるこんな温かなことの繰り返しで、私たちは立ち直って行くことと思います。


それから、辛口のお酒のご紹介、有難うございました。ただいま検討中です。以前の『幻舞』もすごく美味しかったのですが、母の四十九日に実家に行ったときに、日本酒派(超辛口主義)の義理弟と叔父(高知出身。辛口にあらずば酒じゃない派)に辛口を飲んでみてと勧められましたもので…。年末には義理弟にも贈ってあげようと思っています。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2008/11/10 15:02 | edit

ぴかままさん!

もう電話で聞いていて、涙、涙の騒動記でした。特に助け出してくれた子供たちがいずれは大人になってこの社会を作っていくと思うと、未来に希望が繋げます。(ちょっとおおげさかな・・・?)

金魚、可愛いでしょ!
涼しげでいいなと思って、夏にDLしたのですが、愛嬌があるので消せないでいます。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2008/11/10 15:10 | edit

トム君が無事でよかった。
子供たちが助けてくれなかったらと思うとぞっとしますね。そしてその犬好きおばちゃん達がすばらしいです。
お母様他界されて寂しくなってしまいましたね。ぴかぴさんが一生懸命看病して差し上げてたので心にぽっかり穴が開いたようだと思います。
きっとトム君も寂しくてお母様を捜しに出かけたのかもしれませんね。

実家にも17歳まで生きた柴犬がいました。それこそ目もよく見えなくて側溝に落ちたりしてました。私の母を送り出す時遠吠えをしてたそうです。20日後に母を追って逝ってしまいました。

トム君が戻ってこれからもご家族の皆さんを癒してくれますね。

URL | ポメマル #-
2008/11/11 00:31 | edit

ポメマルさん!

今思い返しても、子供たちの行動はありがたくて涙が出ます。子供にとっての犬ってやはり特別な動物なんじゃないかと思います。そして犬ってやはり昔から人と共にあったんだなと…。

ウチでも何代か前に日本犬好きにしては珍しくビーグルを引き取って飼ったことがあったのですが、その子も17年生きました。ペット用のお墓までつくりましたが、調べたらその墓地の中でも2番目に長生きでした。ペットには長生きして欲しいですね~。

因みにウチのカメさん達は40年生きるそうですよ…ある意味私より長生き…微妙な気持ちです。


母のことは、振り返ると後悔もいっぱいで、まだまだ悲ししみは続くのでしょうが、日々の様々なことに遭遇するたびに、少しずつ元気になる自分に気がつきます。沢山引きずりながら生きてやるぜ!って感じです。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2008/11/11 09:42 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。