ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

お片づけと心の記録 4  

本1
まるで「夜逃げ」のごとく、本の積み込みチュウです。

我が家の愛車ノア君は車椅子仕様になっているので、後部からスロープです。なので、こういった物を運び込むのはとても楽です。長男のサッカーの試合の時には、ボールだのコーンだのキーパーだのいろいろ運んで大変お役立ちでした。

ガンガン運び込みます。全部本です。一体何冊あるのか解りません。比較的綺麗なのや新しいものを選んで乗せました。

さて、この本たちをどうするかというと・・・・。
本2

BOOK OFFへ直行です。
直接行かなきゃきっとまた惜しくなる。手放せなくなります。

本が大好きな我が家、それぞれ自分が買った本には思い入れがあります。私の本が1番多いです。悔しいことに夫は「仕事で必要」という名目があるのと、夫の本は古すぎて、持って行っても多分値段が付かないだろうということで…。
子供たちの絵本と小学生の頃の本は、すでに子供たちが通った保育園へ寄付しました。約200冊。

本の中には懐かしいものがあります。子育てチュウにはむさぼるように落合信彦を読みました。ハードカバーなので、金額にするといくらくらいになるのか…。しかし、1番大変な子育てチュウに何ゆえ落合信彦だったのかすごく疑問??落合氏といえば一般に「国際ジャーナリスト」という認識で、子育てには全くひとかけらも関係ないですね。1歳ちょっとの娘と0歳の双子で一人は障害児で、親類縁者は全く居ないという過激な環境で、睡眠時間も確保できずに日々奮闘していた若い時代…そのアクティブな環境が様々な国を飛び廻って取材する落合氏とリンクしたのか・・・そんなわけないか・・・。

それから、日垣隆とか曽野綾子とかサラ・パレツキーとか柴田よしきとか三島由紀夫とか山本周五郎とか仁木悦子とかダイアン・デヴィッドソンとか林真理子とか、勿論お片づけの本や料理本やら・・・最近のコージーミステリーとか宮部みゆきとかもう何が何だかわからないくらい。それで内容は案外覚えていないんですよね。ただが~~~っと読んだだけ。あとは漫画。夫の手塚治虫とか石森正太郎とか私の水島新司とか子供たちのいろいろ・・・。

イザとなると手放すのが惜しいですよね。少なくとも辛い時期に私を支えてくれた本たちですから。

お店に行っても私はかなり躊躇していたのですが、側にいた娘が「ママ、大丈夫だよ。本当に大切な本は、手放してもまた戻ってくるって。」と言ってくれたので、ちょっと救われた気分でした。思い切り手放した997冊に値段が付きました。あとは古すぎたり、保存が悪かったり、カバーが無かったりで商品にはならないそうです。商品にならない100冊あまりを持って帰りました。

その100冊をまた篩にかけて資源ごみにしました。でも後で資源ゴミストッカーを覗いたら、何冊かは誰かが持って行ったみたいでした。読んでくれたら嬉しいな。


こうして本の整理ができたかというと、決してそういうわけではありません。ウチに残っている本を整理しなきゃなんですが、これは個人個人でやることにしました。ウチでは180cmのスチールの本棚8つと木製の本棚2つと壁に備え付けの(コレが1番大容量!)を使っています。今日からひとりずつ本棚の所有を決めて、そこに入る量しか本を持たないって事で。仕事関係の本がある夫はスチール5つと備え付けの本棚全部が認められました(これは紙の資料とデータ用のCDを保管する分が含まれるので)。娘はスチール1つ(彼女は下宿にも本棚を持っていますから)、私はスチール1つと木製のひとつ、長男は木製のひとつ、次男はスチールひとつ。

で、残っていた本を詰めたら・・・ほとんど空きが無かったです。まだまだ削っていかねば・・・。




もう少し図書館を利用するとか、人から借りるとか、スペースと費用の節約を考えなきゃと思うのですが、本屋に立ち寄ったり、bk1とかアマゾンとか、新聞の広告とか・・・あらゆるところの情報をちょっとでも見てしまうとつい購入してしまうのですね。そろそろ、こういった短絡的な生き方はやめなきゃと思う40代後半ですが・・・。

ネットや携帯が発達して、そこに情報や小説が溢れようと、本のページをめくって育った世代の私はやっぱり重い本を抱えながら暮らすんだろうな。


・・・・・続く ピカチュウ…のつもり。
スポンサーサイト

category: 片付ける日

tb: --   cm: 2

コメント

わかります!私も引っ越しの際(日本の)本を出来るだけ処分して帰ろうと思ったんですが・・・トランク一個分日本書店に持っていったにもかかわらず、全然減ったように見えませんでした(爆)。
もっと処分できるかと思ったんですけど、検索してみたらもう絶版になっている本とか、買った時点で既に絶版で古本で探してようやく買えた本なんかはやっぱり処分できなくて。
それにしても、随分思い切って処分しましたね~。

URL | ぴかまま #0f8TWzyY
2008/11/30 14:09 | edit

ぴかままさん!


はい、もうそれはガッツリと処分した・・・つもりですが・・・。わかっていただけて嬉しいです!こんなに処分しているにも関わらず、たいして減っているように見えないのが本のわからないところですね~。

私の本は、多分古本屋とかオークションとかで見つけることができる類のものだと思います。でも、感情の部分で手放したくないなと…欲張り?…かも…。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2008/12/01 20:21 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。