ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

宗教の作法  

先日のこと。

買い物をしていたら、友人Aに会ってしばし立ち話をしたんです。
あれこれ近況報告&年末話でしたが、彼女が急に「ぴかぴのご主人って某中学出身だよね」と言うの。(ええ!?どうして知ってるの?話したっけ??)…なんて動揺していたら(いや別に隠すことじゃないけど)、向こうから「実は信者のBさんからウチにおたくの住所が廻ってきてね~」というこった。
友人Aは某巨大新興宗教の信者で、それは初めから知っていましたよ。でも私に布教するわけじゃないし、せいぜい選挙のお願いとか新聞のお願いとかで、どちらも絶対無理にとは言わないし他の事で盛り上がることが多いですから気持ちよく友達をしています。

で、Bさんというのはウチの夫の中学時代の先生なのです。以前からその宗教団体のパンフを夫に向けて送って来ていました。でも長崎とは離れているから実害もなく、まあ、引退して年老いた先生がすることだし波風立ててもね…とタカを括っていました。

このつながりを考えると、多分、愛媛にいるBさんがウチの住所を勝手に宗教活動のために長崎の支部みたいなところに送ったってことですよね。もしかしたら中学校の名簿が使われていたのでしょう。それを支部に所属していた友人Aが見つけたってことですよね。それってちょっと、いえかなり不愉快なことじゃないですか?

宗教に関して私はとても日本人的です。お正月は神社だし、クリスマスに幼稚園である寄付もするし、お葬式は仏教です。だから他人の宗教に対しては踏み込まないし非難もしないというスタンスです。その上で、宗教を認める気持ちもあります。

たとえば友人Aは、ご両親を亡くし、乳飲み子をつれて離婚し、ご兄弟を亡くし、仕事もなくして、本当に生活保護を受けようかと考えたそうです。でもそのときに彼女を支えたのがその新興宗教だったそうです。信者の人たちや念仏(?)を唱えることが彼女を救ったそうです。(でも私は彼女なら宗教が無くてもやれたと思うのよ。内緒だけど)。世間ではあまりよく言われていない新興宗教ですが、彼女においては宗教としての役割を果たしたといってもいいと思うの。

だけどBさんのやり方って、それは布教のためなのか選挙のためなのか両方かだけど、なんだかイヤですね。「個人情報の保護」に違反しますよね。まあ友人Aがうかつに私に話したりしなければ、それも漏れずにすんだのでしょうけど。

さて、この不愉快なことがあったがゆえに私は大好きで大切な人であっても友人Aの宗教がらみの協力は絶対にしないと心に誓いました。ホントにイヤな話だよ~!その宗教団体のリストにウチの住所が載ってるってだけで毎日不機嫌になれそうです。

スポンサーサイト

category: 怒りの日

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。