ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

自分の証明  

最近私の周りでの厄介ごとの99%は父です。
暴走老人です。笑い事じゃなくて周りの人間はマジで殺意すら抱いていると言っても決して大げさではないです。

で、その父が銀行でやらかしたということで、まあいつものことですから、多分立場の弱いものをいじめまくったくらいに思っていました。自信のない小心者は、弱いものいじめが人生のすべてですから~。

ところが今回の事件は結構考えさされるものがあって、思わず皆様の周りではどんなこと??お聞きしたくて記事にしてみました。
事件はこうです。


その日父は自分の口座から100万円以上の大金を引き出そうとしました。勿論身分証明書の提示が必要ですね。それで父は保険証を持って行っていたんです。ところが、銀行の身分証明書は写真がないとだめだそうで、免許証を要求されたそうです。

さて、80歳を超えた父は、まだ自分で車を運転できると思っているのですが、最近マジでぶつけることが多かったし、母の死後、鬱になることが多くて薬など飲んでいたものですから、大変な騒ぎの末、ようやく免許証を取り上げました。だって、近くの生垣にぶつかったとか、車同士でぶつかったとかならまだしも、人を殺しちゃったら取り返しがつきませんから。

で、そのときに免許証を持っていなかったものですから、お金の引き卸には大変な時間がかかったわけです。銀行側としては金融庁に定められた段取りを踏みますから。あれこれと書類を書かされたようで、父はそれが気に入らない。「筆跡鑑定をされた。犯罪者扱いだった」とまあ電話口で騒ぎまくり、最後は勿論いつものように私の責任ということで電話をぶちきりました。(勿論私が金融庁に命令してそういう法律を作らせたわけではないですよ。念のため)。

今まで少しでも自分のルールに従わないもモノは、容赦なく攻撃し、恫喝し、人質を取ってきた父ですからね~。まあこの年になってバチがあたったんじゃないかと思うくらいです。ただ、銀行側も銀行によって態度がまちまちで、そこにも問題はあります。今回の父のようなケースでもゆうちょ銀行とか別の銀行なら引き卸はできたそうなんです。だから「あっちではいいのにこっちではどうしてだめなんだ!?」ってことになりますよね。金融庁の指導もいい加減なものです。
まあ何かの犯罪が起こった場合、責任を負わされることになったら大変なので、厳しくするに越したことは無いのかもですけど。振り込め詐欺も盛んなご時勢ですから。
(先日のニュースで「振り込め詐欺」の被害額が250億円以上とか言ってました。皆様お金持ち~。私は5万円以上のお金を自分の裁量だけで動かせるなんて夢のようです。次回は是非私の口座にも振り込んでください。金額に上限はありませんよ~!よろしく~!)

が、振り返ってみるとこれは結構厄介な問題ですよね。
免許証を持たない人は何を持って自分を証明したらよいのか?
保険証&年金手帳とかで写真が無いものはダブルで証明するといった方法をとるのでしょうかね。パスポートの取得みたいに。今のところそれしか手はなさそうですね。でもそれって、老人の免許の所持率を上げるだろうし、最近になってやたらと増えた老人が加害者になる事故を推進しそうな気がするのですが。

余談ですが、結婚して長崎に来た頃、近くの貸しビデオ屋で会員登録をしようとしたら、保険証では写真がないから本人確認にならないからだめだと言われました。小娘に。
免許証は持っていないと言うと、写真がないモノははウチの証明書として認められていないとも言われました。写真がある証明書って他に何があるの?と訊くと、免許証でしょ!持ってないの?とか言われて、ええい!小娘の癖に大人に対して生意気なヤツ!と、かなり気分を害したものですから、何としてもビデオを借りてやろうということで・・・パスポートを持って行ったの。
そうしたら小娘はパスポート初見だったらしく、どこを見たら証明事項がわかるのかとオロオロ。で、昨日の仕返しだ~とばかり親切に、教えてあげた私でした。うわ~~意地悪!因みに小娘は観念して、会員証を作ってくれました。でもね~パスポートって本籍は証明になるけど住所は自分で書くよね。それに10年用とかだと、写真は10年前ですからそれってどうなんでしょう?
私の友達は85kgから47kgへのダイエットに成功してプチ整形して別人になっちゃったのですが、それでもパスポートはまだ期限が来ていなくて使えるとか言ってましたが・・・写真証明は成立するのでしょうか?

以前、日本でもアメリカのようにIDカード(?)を発行して、個人の特定を確実にしようとか、指紋の登録をしようとかいろいろ言われたことがありましたよね。なんか人権団体の抗議でぽしゃった記憶があるのですが・・・。
この時代、やはりそういう個人の証明の制度は善良な国民のために必要なんじゃないかと思うのですが。個人の確定がなされないことで起こる問題は多そうですし、むしろ善良に生きている人たちにしてみればあらぬ疑いをかけられることもないでしょうしね。戸籍制度がきっちりしている国なのですから、導入は可能なんじゃないかと思います。


自動車免許は取得するのに大変なお金がかかります。老人になると必要ない人も出てくるし、免許証を持っているがゆえに、起こらなくてもいい犯罪が起こったり、巻き込まれたりします。それを持たないゆえにプライドをくじかれることも多々あります。
ここらで、何か考えて欲しいものです。



さて、父はというと、結局妹から免許証を取り返したそうです。新車も買うそうです。(前の車は度重なる事故で廃車にしたの。)そんなお金がどこにあるのかナゾですが。でも今度の誕生日で免許の書き換えなうえに、どうも実技があるとかで・・・ひょっとしてそのまま不合格ってことで免許の返却になるかもしれません。そうなればめでたいことです。心ある免許担当の警察官が交通事故予防のために、そして、私たちの気持ちを察して、父の免許を剥奪してくれないかと心待ちにしています。




それにしても、自分の証明って難しいですね。なんか哲学みたいだよ。
スポンサーサイト

category: 困った日

tb: --   cm: 14

コメント

場所場所によってルールが違うのは困りますね。
ただ、お客さんの立場に立って(ホンネはごねるお客さんにそんな時間を割いてられない)でゆるくしてる所もあるんでしょうね。
難しい問題ですが。

あと、写真つきの身分証明書として住基カードはどうでしょうか?
やっぱり免許が無いと所得に時間が掛かりますが(^^;)
ちなみに私は身分証明の為に原付免許取りました(笑)

URL | ありか #-
2009/03/13 14:34 | edit

ここでも

愛知県では車の免許を持ってない人間というのは想像が付かないらしく、かならず「免許証を」といわれます。そこで私は必ずパスポートを出しますが、おっしゃるとおり住所欄は自分で記入するわけで、これは本人の証明にはなっても住所の証明にはならないのでは・・・といつも思っています。それに、健康保険は職場の共済のものになったので、こちらも住所の記入が無く、もちろん写真もないので何の証明にも使えなくなりました。
正式に唯一の公的な「身分証明書」が存在しない先進国なんて日本くらいでしょう。普及しさえすれば住基カードがそれに該当するようになっていくのかも知れないけれど・・・。
身分を証明する為のものを取得するために多額の費用がかかる(運転免許然り、パスポートだってけっこう高いですよね)というのはむしろ基本的人権の侵害じゃないかと常々思っているんです。だからこそ、住基カードのような、少額の手数料程度で発行できるものを是非普及させなければならないと思います・・・といいつつまだ作っていない私ですが(汗)。

URL | ぴかまま #0f8TWzyY
2009/03/13 17:06 | edit

免許もパスポートも持っていないので、住民票添付したりしたこともあります。取りにいくのは駅連絡所があるので苦じゃないですが、お金かかりますね。後は生年月日とか本籍言って下さいとかですますところも多いですね。結婚したての頃、本籍すらすら言えなくて焦ったこともありましたが・・・
こういう身分証明必要としない社会になるのが一番良いんでしょうけど・・・

ともあれ、ぴかぴさんのご心配が少しでも軽減される結果になるようにと思っています・・・お父様のことを思った上で言ったことが伝わらないのは・・・自分も悲しさがよく判ったり・・・いや、自分も頑固ですので自戒せねばと思ったり・・・

URL | yu-a #wSsNKKeY
2009/03/14 11:09 | edit

ありかさん!

ありがとうございます~~!
住基カードは思いつかなかったです。というか知らなかったです。
調べたら、公的な証明として使えるみたいですね!早速話してみます。

実家の方の銀行も、不況の影響でそれぞれ大変なようです。顧客に甘くしないとだめなところもあるようですが、金融庁も銀行もなんだかいい加減ですね~。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2009/03/16 20:28 | edit

ぴかままさん!

さすが某巨大自動車会社のある土地柄ですね~。免許所持が前提なんですね~。

私は運転免許は次男が生まれてから必要にかられて急いで取ったのですが、次男に障害がなかったら多分積極的に取ることは無かったと思います。
車も今は必需品だから夫の分と2台所有している訳ですが、長崎は地方なのに土地が少ないので駐車場料金は高いし、島しょ部の負担分が上乗せされたガソリンは高額です。ここで車を持つのは結構大変です。

日本に住んでいると、公式の身分証明書って免許証しか思いつかないのですが、他の国にはちゃんとあるのですね!日本はきちんとしようとすると人権団体といろいろ揉めるので困りますね。

ホントどうにかして欲しいです。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2009/03/16 20:43 | edit

yu-aさん!

やはり国は戸籍と一緒に証明書も出すべきですよね。あっても無くても悪いヤツは悪いことをしますから。むしろ庶民の人権を守って欲しいです。
元は父の困ったちゃんから始まった証明問題なのですが、考えさされました。

ところで、父は相変わらずです。手のつけようがないです。結婚するまでずっと叩きのめされて、ようやく立ち直ってきた私なので、やはり距離をおきたい。なるだけ遠くに。

こういう年寄りにはなりたくないなと、日々心を鍛えなければと思っています。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2009/03/16 20:53 | edit

個人の証明・・・ご高齢になるとだんだんと大変になってきますね。
私も郵便局でですがなんども家と往復をよぎなくされたことがありました。運転免許証は持っているのですがそれには性別が記載されていないので健康保険証を持って来いって言うんですよ。性別なんて何でそんなに大切なの?わけわからん!って思いました。
まあ、いろんな悪質な詐欺行為が横行しているからそういうことも大切かも知れないですが・・。最近、私も住基カードを発行してもらおうかなって思ったことがあるのですがそのままになっています。

URL | kuishinbou #-
2009/03/17 07:48 | edit

私は、運転免許を持っているので証明といえば何も考えずにそれを使っていました。

でも持っていない人にとっては証明するのって大変なんですね。
本人が行ってるんだから本人なんだよって思いますけど、相手はほんとに本人?てことになっちゃうんでしょうね。

いろんな事件のせいでこんなに厳しく証明しないといけないなんて・・・
住民票と印鑑証明取りに行ったときも「証明するもの」って言われたような・・・
個人情報も厳しくなってますからね。

URL | ラニカイ #KoPTJAY6
2009/03/17 22:02 | edit

kuisinbouさん!

多分多くの方が、公的な機関で個人の証明ができなかった時に、かなりの疎外感を持つのではないかと思います。
私は免許証を持っているので、自分の証明はできるのですが、夫の用事をする時には、夫の免許証か保険証を持ってくるように言われるんです。
車で通勤している人は免許証の所持は義務ですから、それを平日に持って来いというのは、ある意味、法律違反を公然とやれといっているようなものですよね。保険証にしても、個人個人が持つカード式である限り、証明書にある人以外の人間が使うことになるわけで、これってどうよ??ということになりますよね。

そのあたりを突き詰めると、銀行や郵便局や役所などは、必ず本人が手続きできるように24時間体制であけておいて欲しいものです。

でも現実は…どこよりも早く終わるし、どこよりも休みが多いんですよね~。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2009/03/18 10:03 | edit

ラニカイさん!

善良な市民でも運転免許を持たないと疑われる訳で、暴走族の無職のヤンキーでも免許を持っていれば本人として信じてもらえるわけです。ある意味、信用を下す側も危ない橋ですね~。

このところ振込みにかかわる事件が多発しているので、証明に関しては厳しくなったのでしょうけど、本来こういうことは初めから行うべきことだったのでしょうね。今頃になって厳しくしちゃったから、摩擦や衝突が必要以上にあるのでしょうね。
ぴかままさんがおっしゃるように、先進国として、そういうシステムがきちんと作動していないのは困りますね。

住民票と印鑑証明の受け取りに証明するものって…「卵と鶏どちらが先?」的証明システムですね~。いつも当たり前に免許証を見せていたのですが…よく考えたら免許を取るときに住民票が必要だったような…。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2009/03/18 10:19 | edit

そうそう、そういえば

本人証明とはちょっと違うかも知れませんが、ドイツでの電話の契約を途中解約するのに国外での住民登録証明を要求されて、「住民登録した証明ってなんだろう?」と困ってしまったことが。これに該当するのって住民票のはずなんですが、これは日本語でしか発行されないので外国向けの証明書としては使えないじゃないですか。最初に住民登録した自治体の役所で「英訳は発行できないのか」と訊いてみたんですが、そういうのは存在しないとのこと。パスポートには住所は自己記入しかも日本文ですから、これのコピーじゃ公式には証明にならないしで(自己記入なのに国内で証明として通用するのが不思議なくらい)困ってしまったんですよ。結局は日本語の住民票に、自分で訳したドイツ語訳を付けて送り、それで認めてはもらえましたが・・・正式にやるならば住民票に公証翻訳というのをお金を払って頼んで添付しなければならないのでしょうけどね。ローマンアルファベットが国語の国ならば、単純にコピーして送るだけで済むんですけどね(苦笑)。

URL | ぴかまま #0f8TWzyY
2009/03/18 10:41 | edit

ぴかままさん!

どこの国でもこういう書類は公用語なのでしょうか。でも逆の場合(ドイツ人が日本に住んでいて、住民登録の証明を求められた場合)ドイツ的にはどうなんでしょう。英語版の証明ってあるのでしょうか?
外国向けの証明書ってやはりパスポートだけですかね。

こうやって考えていくと、一人の人間の証明って難しいですね。
人一人の重さは、なかなかのものですね。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2009/03/22 15:37 | edit

「身分証明」

ということになると、我々のような酒小売業でも、悩みのタネです。

ご存知のように、今は未成年に酒を買わせない様に、店頭で年齢確認をすることが求められています。
で、何で確認するかというと具体的には、「免許証」「社員証」「学生証」といったものでしょうか。
もちろん写真の貼っていない「健康保険証」などは不可です(笑)。

しかし現実に、「免許を取っていないプータロー」なんてのも存在するはずですが、そういう人(もちろん若い人)が酒を買いに来ても、年齢確認をする術が無ければ酒を売ってはいけないことになります。

それって何かヘンですよね。

法律では「未成年に酒を売ってはいけない」ということだけが規定されていますが、じゃあ未成年と成人を区別する方法として、法律が何かの基準を示しているかといえば、それはまったくありません。
そんな片手落ちの法律をそのままにして、いざ未成年に酒を売ったら、それは販売者の責任だ、などと言われても困るんですよね~。

URL | リカーマン1号 #-
2009/03/23 01:08 | edit

リカーマンさん!

ああああ!そうですよね!リカーマンさん達の業界は深刻ですよね。

タバコやお酒は確認しなきゃですよね。言われてみれば確認の方法が確定されてませんよね。これはかなりのザル規定じゃないですか!そりゃ少年の育成については協力しますけど、何だか変に責任を押し付けられているみたいでいやですよね。

本当に何とかならないもんでしょうかね。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2009/03/23 22:35 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。