ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

京都~修学旅行のごとく-3  

東寺1

五重塔で有名な「東寺」です。東寺は桓武天皇の時代からとか…桓武天皇!歴史が苦手な私でも聞いたことがある名前です。すごいね~想像するのも果てしない古さです。そんな時代からこんな建築物があったのね~。

東寺まで乗ったタクシーの運転手さんは、京都生まれの京都育ちだそうで、しばらくは仕事の都合で九州にいたということで、話が盛り上がりました。休みに九州から里帰りするとき、新幹線の窓に、この東寺の五重塔が見えると「ああ、帰ってきたな」と思ったそうです。
ちょっと豪華なお迎えですね。

東寺3
東寺の入り口には交番と小さな消防署がありました。交番のロゴマークがちょっと明治チックで可愛いの。作りも東寺の雰囲気を壊さないようなデザインです。
消防に関しては、こういう建物には必ず作って欲しいですね。今まで何度も火災にあって、修復してきたとはいえ、やはり大切な文化遺産ですから。

東寺8
東寺の金堂です。これは弘法大師にかかわるものだそうです。中には国宝がわんさか!
こんな間近で国宝を見ることができるなんて、地方じゃ考えられませんわ!建物自体がすでに国宝だそうです。

東寺7
こちらは講堂の出入り口。講堂は重文だそうですが、これは純和風様式建築。圧倒される迫力でした。中には勿論国宝や重文の仏像があります。

東寺の案内書などよんでいると、桓武天皇とか嵯峨天皇とか弘法大師とか、建物の修復に関しても豊臣秀吉とか徳川家光とかの名前が普通に登場します。歴史苦手~な私ですら知っている名前で、もう大河ドラマを地元でやってますって感じです。感動~京都!

東寺2
五重塔の前の池です。岸辺にも中州にも、沢山のカメさんたちがのんびりとバンスキングです。
ここのカメさんはアメリカ出身のアカミミガメでした。純和風&外来種アカミミ…微妙な組み合わせですね。でも静かなのんびり感はよいかもです。
スポンサーサイト

category: ちょっといい日

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret