ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ベランダの小さな事件~後悔してもしたりない切ない朝  


昨日、長崎はピンポイントでスコールがあって、我が町も川が溢れそうなほどの増水、でもベランダの植物達は、たっぷり水をの貰ってご機嫌でした。

今日は萌えない燃えないごみの日。我が家のゴミはベランダにおいてあるのですが、ごみを持ってふっと鉢植えを見ると、鉢の下に敷いているお皿に水がたっぷり溜まっていて、これじゃボウフラでも湧いちゃったら大変だわっ!と思って、それをひっくり返して…なんてしていたんです。
で、ふっと横を見ると、すでに割れそうなタイ製の鉢に植えてあるクリスマスホーリーが新芽を出していました。
私は新芽って好きなの。生き生きとしてて綺麗じゃないですか。

なんて見てたら、何かおかしいよ!クリスマスホーリー!?新芽なのに枝が茶色くて何かついててあれれ??
枝にびっしり、カイガラムシ(だと思う)が…!

あまりのショックに動揺した私は、花バサミを持ってきて、片っ端から枝を切り落としました。だって、もうびっしりなんだもの!すでに隣で株を伸ばしているオリズルランの茎にもつき始めています。

オリズルランも伸びている茎を切り落として、袋につめて、ホッとして、幹だけになったクリスマスホーリーを見ると、ちょっと悲しくなりました。でも、でも、植物は強いから、きっときっとまた復活してくれると思うの!

それで、せめて割れている鉢を取り替えて、土を足してあげようと思って手に取ると、パカッと鉢が割れて…鉢の底、土なんてなくて、全部根っこでした。そして沢山の小さな虫が…!!

もうダメっ!!…って、いきなりそのまま、土とともに燃えないゴミに突っ込んでしまったんです。
クリスマスホーリー、まだ再生しそうだったのに…。10年くらい頑張ってくれたのに。毎年赤い実をつけてくれてたのに…。

もう少し、きちんとネットとかで調べてから処理してもよかったのに…どうして咄嗟に捨てちゃったんだろう。
一日中しょんぼりんでした。ベランダを見るたびにちょっと涙が出ました。


もう2度とこんなことしない。
厳しい反省をこめてあえて記事にしました。

ごめんねクリスマスホーリー。




スポンサーサイト

category: ふつうの日

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。