ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

お料理が憂鬱になったとき読む本  

10月に出て即買い!!だった本。

美味しい本
猛暑だったことを忘れるくらい、駆け足の秋。
しかし~!猛暑の名残でしょうかね、何だかグダグダな10月でした。

特に夕食を作るのが苦痛で…これって更年期??
4月から我が家の生活の流れが変わったのですけど、やはり4時頃に次男が帰ってくるという辺りが、大変きついです。夕方から力仕事っていうのがね~キツイわ~40代後半戦。

そんな私を気遣ってか、この本たちが発売されてくれました。

『きのう何食べた?』の方は、漫画ですけど、普通の日のレシピ満載って感じで、レシピを使うって訳じゃないけど、変則家庭内(主人公はゲイカップル)で作る楽しい食事、食べることで仲直りしたり、お互いを見直したりとか、まあラブラブなんですけど。夕ご飯をサクサク作っていく姿はテンポがよくて、さあ、私も頑張らなきゃ!!って気持ちになります。思わずエプロンつけちゃうもん。
この作家さんは同人出身で、今話題の『大奥』の作者なんですけど、人間の根底にある愛情を信じているって感じで、読後も爽やかです。

『クッキング・ママ』の方は、もう「待ってたよ~~~~やっと出たわ~~~~」って本です。大好きなの。(実はコージーミステリー好きな私)。

主人公のゴルディはケータラーです。毎度、ケータリングの仕事現場で事件に遭遇してしまう、ケータリング界のコナン君でございます。ストーリーの中に、今時の社会がちょこちょこ出てきて(ステップ・ファミリーとか、DVとか、カウンセラーとか)興味深いです。

今回のケータリングはダイエット&ウエディングパーティーなのですけど、またしても事件発生でした。

仕事でも家庭でも、お料理大好きなゴルディは、小さなお菓子もちゃんと作って…勿論文章なのですけど、それがすごく美味しそうで、愛情に溢れていて、いいですよ~。家族のためにお料理したくなります。


という訳で、期せずして同時に購入できた2冊、一気読みして、またキッチンに立ってます。
がんばれ!私!

スポンサーサイト

category: がんばる日

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret