ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

我が家のサムライ・ブルー  

先週末、長崎市では中総体がありました。

サッカー小僧の我息子のポジションはFW、ツートップのうちの1人だそうです。なんかすごい、知らない者が聞くと…プロみたい。

3年生なので最後の大会となります。前日、11番のユニフォームを貰って、嬉々として帰宅、先発入りですよ!1年のはじめは体力がなくて1ゲーム全部を走りきることができず、めったに先発はしませんでした。でもこのところの練習試合では、2試合全部走りきったよと、大喜びで帰ってきていました。

GWにあった小さな某大会では、なんと優秀選手賞を貰ってきて、あの根性ナシが成長したなと親バカ炸裂なぴかぴでした。

サッカー1

さて、本戦。
第1戦は前半に入れた1点を守って1-0で無事勝ち抜きました。

さあ大変!気分はもう県大会!明後日には順位決定戦があるとか、そのときはメインスタジアムだから走りやすいとか、総体3日目だから全校応援だぜ!俺緊張するよ、とか…おいおいその前に明日の第2戦、3戦だろう!甘く見るなよ~とたしなめるのですが、「俺、今は負ける気がしない」と強気のお言葉。

そして2回戦。
0-1で敗退。



中学の部活も終りです。試合終了のホイッスルとともに、ピッチにいた11人はポロポロと涙をこぼしました。最後の挨拶をして戻ってきたベンチで、待っていた仲間が差し出すタオルに顔をうずめて背中で泣く様子は、見ているこちらも貰い泣きでした。きつい練習や土日ごとに組まれる練習試合をこなして、ぼろぼろな身体で塾に向かって…。でも例え中学生であろうと勝負の厳しさは同じです。それを受け入れてやり遂げたその姿は頼もしくて、こんなにも豊かな気持ちにしてくれたわが子に感謝です。

スポーツが教えてくれることのひとつに「負けること」があると思います。どんなに頑張っても追いつけない身体能力や、練習環境の違いや、持って生まれた才能を見せつけられることも、そしてそれらをどう克服していくかを考えること、きっと全てに大きな意味があって、そこから沢山のことを学ぶのでしょうね。

日本VSオーストラリアが終わって、父親とあれこれ議論していた息子がぽつんと「俺も、勝ちたかったよ」と言ったのが印象的でした。

中学では部活と勉強との両立は時間との戦いです。体力のない子供は疲れて帰ってきたらもう何もできなくて、「メシ、フロ、ネル」の世界です。私は息子の成績の悪さを心配して、部活を続けさせるべきかどうかものすごく悩んだ時期がありました。2年になった4月、息子が「もうサッカーを止めるから退部届けにはんこ頂戴」と言い出した時には、これで勉強の時間が取れるという思いと、はじめたものを途中で投げ出すことはよくないという思いとが交錯しました。とりあえず、学校へ行って先生に相談してと言うしかなかったのです。退部届けと継続願いと両方に押印して持たせました。因みに父親は途中で投げ出すのはダメだよと猛反対でした。

親バカな私は息子が出て行くとすぐに学校にTELして、部活の先生を呼び出してもらって、訳を話しました。ところが最近の先生はこういうことは本人に任せるようです。「僕は引き止めたらいいのですか?それとも(退部届けを)受け取ったらいいのですか?」とか間のぬけたお返事です。

ピシッ!私の中で何かが切れました。オイオイ何だよそのやる気のなさは~!速攻で私は言いました。「親は続けさせたいと思っています。だって世の中に出たら、もっと大変なことがいっぱいあるでしょう?中学の部活くらいでへばるような子にしたくないです!」…あ~あ、言っちゃたよ。

結局親の思惑も先生のやる気のなさも全く関係なく、チームメイトの一言「俺はお前と一緒にサッカーしたい」で、あっさり継続願いを提出しました。親って一体???




いろいろなことを乗り越えて仲間と立つピッチ。最後まであきらめないで走りぬいた君は、いつまでも私の誇りだよ。

スポンサーサイト

category: サッカー

tb: 0   cm: 8

コメント

お疲れ様です!

最後まで読んで、何だか目頭だけじゃなくて鼻の奥やら
のどの奥やら、いろんな所が熱くなってしまいました。

息子さん、がんばったのですね…
一試合走りきることができなかったのが、2トップの一角で
フル出場。ものすごい成長っぷりです!

会社員時代、うちの局は高校野球の夏の県大会を中継していて、
毎年球児たちの熱い日々を追いかけていました。

強豪校も、部員がぎりぎり9人の学校でも、試合にかける気持ちはみんな同じ。
 負けの涙はそのままその子ががんばった証だと、いつも
もらい泣きをこらえておりました。

その経験は、後の人生に絶対大きく影響すると思います。
 いろんな場面で、息子さんの助けになるのではないでしょうか。

 もちろん、それを支えられたご両親の姿も。

URL | mocataro #-
2006/06/16 01:45 | edit

mocataroさん!

有難うございます。

息子は小学校1年の12月からサッカーを始めました。走るのは早かったのですが、親に似て不器用です。いろいろとぶち当たる壁が多かったこと!
そのたびに私や夫まで振り回されました。
何度も止めさせようかと思いましたし、本人からも何度止めるという言葉を聞いたかしれません。

こうして続けてこれたことは本当に嬉しく思います。支えてくれた沢山の人に感謝です。
彼も、積み重ねること、努力を続けることの大切さを学んだと思います。

こういうことと出会うと、人生素敵なもんだなあ~と思います。

これから高校受験ですが、またサッカーができるようにいろいろ考えているみたいです。

URL | ぴかぴ #-
2006/06/16 15:52 | edit

がんばったね!息子ちゃん

継続は力なり!っていうけれど、継続するってホントに大変です。親の思い、子供の思い・・・子供にとってどうすることが一番いいのか親は悩みますよね。ぴかぴさんの気持ちが手に取るように分かります。

でも、この経験が親子ともにいい糧になるんですよね。
続けてがんばった息子ちゃんにトロフィーをあげなきゃね。

クロアチア戦、なんとしても勝ってもらいたいですね。

URL | kuisinbou #-
2006/06/16 19:29 | edit

サッカー少年ですね。
うちの主人もサッカー小僧で、そんな話をしていました。
うちの主人の高校は市立船橋と同じ地区に入るらしくって、地区大会が一番の激戦区だったらしいです。(ワッキーたちと戦ったらしい・・・)
九州だと国見ですね?
国見も市船も1年生はほとんど基礎体力を作るためのトレーニングになるらしいです。
そこまで体力がついたなら、国見なんてどうですか?

URL | MYU #wQdlryMw
2006/06/16 20:45 | edit

kuisinbouさん!

本当に継続は力なりです。教えられたことが沢山ありました。
子供にとって何が良いのか、結局わからないままですよ~。結局ベストは無理だからそのときそのときでベターな選択しかないのかもしれません。
それすらおそらく思うようにはいかないのでしょうね~。

kuisinbouさんはひとまず子育てを終えられていらっしゃるので…解ってくださって有難う~!

クロアチア、強敵ですがきっと何か突破口はあると思うんです。
関西と九州、離れていても気持ちはひとつ~!で応援しましょ!

URL | ぴかぴ #-
2006/06/17 19:23 | edit

MYUさん!

ご、ご主人・・・すごい!
それは超激戦区じゃないですか!ワッキーもその中にいたのですね。クロアチア戦では大黒選手との約束が果たされたらいいのですが。

国見は学区が違うって理由だけじゃなく、普通の部活程度の子ははいれませんよ~。他の県からスカウトしてくるんですって!
ウチの地元の公立中学校の子が入学したのですが、その子も部活じゃなくてクラブチームで、ナショナルトレセンか九州トレセンくらいには行ってたと思います。
スカウトには、小峰監督と一軍のキャプテンと国見出身の大久保選手がお家までいらして説得したとか。でも、競争は厳しく、背番号さえもらえなかったそうです。

どこも厳しい世界です。

URL | ぴかぴ #-
2006/06/17 19:38 | edit

これからクロアチア戦です。

サッカー一途 いいですね。
男の子が一つのことに夢中になってるのはこちらも胸が熱くなります。

結果は残念でしたが、きっとこの敗退の悔しさをバネにして高校で頑張ることと思います。

家の息子二人も小学校時代はサッカーをやってましたが、中学になったらやめてしまって根性なさにガッカリしました。

もう二人とも社会人ですが、もう少しガッツのある人生を歩いて欲しいなと(今更遅い)。

クロアチア戦どうなるかしら。日本選手の最後まで諦めずに頑張って欲しいです。さずがワールドカップ世界の選手はすごいですね。
いい結果を待ちましょう。

URL | ポメマル #-
2006/06/18 21:51 | edit

ポメマルさん!

クロアチア戦、残念でした~。
こんなに疲れた全日本の試合は初めて。しかもあの中田選手がばててるんですよ。

世界はすごいですね。私のようなサッカーの素人でも試合を見ていると「この選手は…」と思う人が沢山います。
ゲームの構成とかわからなくても、得点にからまない真ん中あたりの選手でも、鮮やかで滑らかなプレーはさすが。Jリーグのサッカーが別モノに見えたりして…。

息子さん達もサッカーをされていたのですね!
ポメマルさん、根性なしじゃないですよ!大人になって毎日、真面目に地道に仕事をすることがどんなに根性の要ることか!

クロアチア戦は引き分けたけれど、ブラジル戦はきっと勝ちますよ!応援しましょうね。

URL | ぴかぴ #-
2006/06/19 13:04 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pikapino.blog46.fc2.com/tb.php/54-f3dcf6c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。