ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

歩き出す~2歩目 娘の就職  



今から30年ほど前の、バブル前夜の、しかも理系の学科だった私は就活なんぞ全く関係なく、ゼミの教授のところにやって来た求人でお仕事につきました。周りもそんな感じでしたので、まあ、仕事につくってこんなもんだよね?女の子だし、無理しないで、そのうち結婚しちゃえばいいし…みたく、そらもう、のほほほほんが服を着ているような感じ。実は大学院に行きたかった私、家庭の都合で無理だったのですが、仕事して、そのうち…なんて甘い考えでした。職場が決定したのもゆっくりで、4年の後半だったと思います。

で、時代は変わって、娘の就活でございます。
3年生の12月が解禁。3年って…あと丸々一年あるじゃんよ…と思ってしまう私。しかも今はエントリーシートなるものを出すんだって!それって履歴書みたいの??しかも1枚や2枚じゃないんだよ。取り合えず50枚とかどうかしたら100枚とか、そういうレベルだ!

で、旅行好きな娘、旅行社が第一希望でして、四季報などで調べまくって、旅行社にエントリー出しまくりだったそうです。ひとつでも引っかかってくれたら、きっかけができるわけで…。会社が小さくとも、仕事としてやりがいがあれば、大変でも頑張れる訳です。

ところが、あの震災後、出したエントリーが、ガーーーっっっと戻ってきたそうです。勿論「震災のため、募集は不確定」ってことです。これは仕方無いことでした。でも、一気に戻ってくると、破壊力があります。流石に呆然としたそうです。

旅行業界が無理なら、また別の職種を目指せ!ってことで、再びエントリーを始め、4年になると本格的に会社説明会です。同時に卒論ゼミも始まりました。どちらかといえば「先手必勝」タイプの子なので、単位は卒論以外おつりがくるほど完璧にゲットしてます。

目標は関西での就職です。そして一応長崎でもちょこちょこ…。


でも、やはり難しい。特に女子は難しい。中にはこっそり「もし、何かあったときに避難できる親戚とかいる?」と訊かれることもあったそうです。そうだよね~会社だって、社員に責任があるし、私が経営者でもそれは心配すると思う。できれば地元で家族で実家で…っていうのは理想だと思う。特に関西は震災を経験している訳だし、大切なお嬢さんを預かっていることになる訳だし。

そんなこんなで、3,4次までは行くものの、最終でオチまくる日々~。落ち込む落ち込む。ウチにかかる電話も、相当落ち込んでて、時に何ゆえ私に当たる??みたいな感じでした。私に言われてもね、私の責任じゃないし…って、もう大変理不尽に感じることも多々あったよ。

受験と違って、就活には「正解」がありません。特に専門性の低い文系など、会社側のほぼ一方的なふるいにかけられる訳です。まさに「縁」ですよね。会社にとって、より有利になる人が必要な訳で、逆に言うと、落ちたからといって、それがその子の価値かといえば、それは違うわけで、その辺りを頭の中で強引に納得して、自分を振るい起こさなくては、厳しい時代に職はない!

で、娘は考えるの。一番避けたいのは、卒業の時点で無職ってことなんだけども、このままだと何も得られないまま無職の可能性が出てくる。だったら、せめて自分に何か残るような就活にせねばなるまいよ!!

説明会やら選考会は、平日にあるのですが、いくつかの会社が同じ日の違う時間に重なると、午前午後と梯子をする訳です。当然間に昼食が入りますよね。
で、娘はお昼を一人で食べない作戦(?)を発動。午前中の面接で一緒になった人と友達になる。一緒にご飯を食べる。メルアドを交換する。その会社がダメでもOKでも連絡する…って感じで。そうしたら、なんとなく楽しい感じがするじゃないですか?

ようやくひとつもらえた内定はなんと地元長崎の会社で、そこまで走り抜けるのに体力を使い果たした娘、一安心でその後の就活続きませんでした。関西で働くことが目標だったんですけども。(でも、親は嬉しかった~)

就活が終わったら、卒論と教育実習です。教育実習は9月に入っている(本気で教師を目指す人たちは6月)ので、それまでは卒論に全力投球でした。


さて、就活中にメルアドを交換したお友達ですが、時々飲み会をやって、友情を温め、皆それぞれ内定を貰って今はそれぞれの場所で頑張っているそうです。因みに、同じ職種ですから今でも連絡を取り合っているとか。


入社式を終えて、娘は今、研修期間です。毎日「疲れた~!緊張した~!もうやめたい~!私には向いてない~!」と言いながら帰ってきています。

スポンサーサイト

category: 歩き続ける日

tb: --   cm: 2

コメント

研修大変です。

新社会人となったgrievous です。
今は神奈川で研修中です。そのうち配属が決まってドコかに飛ばされます。

就職の話は他人事ではないので、ぴかぴさんの記事を「うんうん」と頷きながら読みましたよ~。
私は3社で今のところに決まったので、娘さんの比にはならないのですが、選考に落ちたときのショックは今も忘れることはできないです。
自信が生半可にあるかので、なんかこう気力みたいなものがガリガリと削られてるような感じで、がんばらなきゃいけないのは分かっているのに力が湧かないんですよね;

現在の話になりますが、研修中で会社の役に立つことはできないので、将来どうやったら社会に自分の存在意義を示せるのか考えることが多くなりました。
あんまり悩まずに人に相談できたら楽なんでしょうけど、どうにも私はそこらへんが不器用なようです(^^;

話が少しずれましたが、とにかく地元に決まって良かったですね。
私の親や、ばあちゃんも地元にしてほしいってよく言ってました。震災のこともあって、その願いは強かったみたいです。
ただ、それを言われる前に就職決めてしまったので、ちょっと親不孝だったかな?って考えたりもしますけどね・・・;





URL | grievous #-
2012/04/14 18:29 | edit

grievousさん!

わ~神奈川ですか?!都会で羨ましいです。(そしてポケセンヨコハマが…。)

娘の就活は、なかなか大変でした。決まってからもいろいろ資格試験を受けなくてはならないので大変みたいです。因みにプライドが高いので、こと試験関係は絶対に落とせないみたい~。わはは!!

親の立場からすると、子どもが近くにいると安心ですから、地元に置きたいのですが、それはちょっぴり親の我侭な部分もありますよ。気持ちとか経済的なこととかいったね。

でも、やはり、子どもが自分の選んだ道で、辛くても頑張って乗り越えて、何よりも元気で働いて、周りに恵まれて楽しく過ごしてくれていれば、それでOKです。ぶっちゃけ、生きているだけで、もう十分に親孝行だと思って下さい。

新社会人頑張れ~!!

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2012/04/16 15:04 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。