ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

歩き出す~3歩目 京都宇治  

宇治川。


話が前後するのですけど、3月下旬に娘の大学の卒業式で京都に行ってきました。
在学中の4年間、本当ならもっと沢山出かけて、京都を堪能するはずだったのですが、両親と義母のことがあったので。

4年前の春、娘とふたりで入学式&引越しのために来た京都、お別れの大阪駅、しんみりと思い出しました。今度は一緒に帰ります。
4年の間、元気で安全に暮らせた京都、思慮深く美しいこの古い都に、そこに住む人たちに、心から感謝です。
さて、今回の旅は娘の卒業式(その後謝恩会)ですが、せっかくだから観光とオフ会も盛り込んでいます。
京都は至る所、観光地で、清水寺とか祇園とか、主なところは行ったことがあるのですが、一度見てみたかったのが宇治の平等院鳳凰堂です。10円玉のあれです~。

京都の最後の日、二人で宇治に向かいました。お昼ごろ宇治駅に到着~。
まずは娘のオススメのお茶屋さんで腹ごしらえです。二人で茶蕎麦を食べました。宇治は本当に御茶屋さんが多いです。道に沿って沢山売っています。勿論日本茶の大好きな友達のお土産にしました。
CIMG6057.jpg

宇治川の畔にある紫式部の像。源氏物語の宇治十帖は、光源氏が身罷ってからのお話で、本編に比べたら若干影がうすいのですが…。
CIMG6058.jpg

宇治川。それにしても京都の川は本当に水量が多いです。怖いくらい。この季節にコレだけ水があるのはすごいです。美味しい日本酒が造られているっていうの解りますわ。(勿論日本酒は買って帰ったわ~!妹にも送ったし)
CIMG6060.jpg

お目当ての平等院鳳凰堂です。とにかく綺麗!!!中にも入れたのですが(勿論撮影はできない)、美しさもさることながら、技術力の凄まじさに、もう…。藤原氏の時代って…いったいどんだけ昔なんだ。それが残ってるってことに感動しました。この場所を日本史に出てくる人たちが歩いてたんだよ!
CIMG6066.jpg

京都に行くとしみじみ思うのですが、古い歴史を持つ国の国民であるってことは、本当に幸運なことなんですね。
昔からの伝統や、そこから始まる技術や芸術や、それを繋いできた人々の生活が、否定されることなく今の自分達に繋がっているという安定感と、心が帰るところがあるという安心感。日本人に生まれてよかった~!!




これから先、子どもと旅をするってことは無いかもしれません。だから今回、ふたりで歩いた宇治は、大好きな街として心の中に留め置きされると思います。楽しかったよ~。

スポンサーサイト

category: 歩き続ける日

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret