ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ケーキと紅茶の会  

1月下旬、次男が風邪をひいて作業所をお休みして、そのお世話をしていたら今度は私にうつって私が寝込む。私が治ったころ、またしても次男が風邪をひいて、で、次男が治ったら私が発病…ってループを2月は2回繰り返しました。回復して作業所に行ってくれると自分時間ができるのですが、毎日のルーティンが終わった10時半頃から次男が帰宅する4時半くらいまで布団敷いて寝てました。勿論、途中でなんだかんだと起こされつつですが。

で、ようやく二人とも元気になった今週初め、毎月のお楽しみの『ケーキと紅茶の会 2月号』に行ってきました。今回は冬に合うチョコとナッツのデザートです。濃厚で美味しかったわ~。紅茶は「オータムナルネパール」でした。名前のとおりネパールの紅茶です。この後「せとか」を使ったゼリーが出まして、満喫して帰ってきました。

20130218140906.jpg



で。これは10月号なのですが、ご覧のとおり「スフレ」です。リンゴのソースが付いています。


20121015140939.jpg

お菓子に詳しい方は勿論ご存知と思いますが、スフレは出来立てはこうやってほわ~っと膨らんでいて温かなのですが、時間とともに冷めて萎んできます。だからゲストが来る時間からサーブする時間を逆算して焼き始めるんです。私たちが到着したときに、オーナーパティシエの鈴木さんが、厨房で材料を混ぜ合わせるために、大きなボウルと格闘していました。

しばらくして、ふわ~っと甘い香りがあたりに漂います。そして、美味しい美味しいスフレが焼き上がり、じりじりと待っていた私たちの前に並びます。

まだ湯気が立っている温かなスフレの真ん中をスプーンでスクって一口、口の中に広がるバニラの香り…至福だ~~~~!!リンゴのソースをつけて食べる…ほろずっぱい!!!…もう天国の入り口はそこだ!!って感じの至福の瞬間でした。

パティシエが、私たちをもてなすために作った、ここで、このときにしか食せない逸品、美味しいものを食べさせたいという気持ちがこもった細やかな美味しさ。心が解けていくってこういうことでしょうかね?

不意に母のことが思い出されて、不覚にも涙でした。…このケーキ屋さんに母を連れてきたかった、このスフレを食べさせてあげたかった。長崎には片手で数えるほどしか来られなかった母です。そして、母が来るときには私が問題を抱えるときであって、私は疲れまくっているという感じ。なので、このお店を知っていたのに連れてくることができませんでした。

自分の信条を「人生は後悔と忘れ物の繰り返し」としています。次男の誕生とともに、普通の人が家族を営む間にできるであろう多くのことを、そこから先は諦めなくてはならないという事実を、そうやって納得してきた訳です。親に対してはできなかったこと、してあげたかったことは沢山あるのですが、この信条だとそれも仕方なかったこととして受け入れることができていたのですが、美味しいものは怖いわ!!あっという間に薄っぺらな強気が崩れる。

少し泣いて、その後に出された「いちじくのアイスクリーム」を楽しんで帰ってきた秋の日でした。


スポンサーサイト

category: 美味しい日

tb: --   cm: 2

コメント

おいしそう~!!

ケーキと紅茶の会って何ですか?(^^
とっても美味しそうじゃないですか!!

私も甘いものに目がないので、そういう集まりに参加してみたいです。
と言っても周りが女性ばかりで浮きそうですね(^^;

甘いものを食べると、幸せを感じさせるホルモンが分泌
されるそうです。
人間だれでも辛いこと、悲しいことを抱えてるものですが、そんな時でも美味しいお菓子を食べて幸せを感じられる事は素晴らしいことですね(^^
そうやってまた少しずつ前に進んでいけるんですよね、きっと。
・・・食べ過ぎ注意ですけどね(笑)

URL | grievous #-
2013/02/25 18:15 | edit

grievousさん!

『ケーキと紅茶の会』は、長崎の諫早市にある『シェリール』というケーキ屋さんで行われるイベントです。パティシエは鈴木さんという女性です。昔、TV東京(ポケモンアニメをこの世に送り出してくれた)の『テレビチャンピオン』に出場した人です。
この会は、普段販売しているケーキとは違ったものを、鈴木さんが作って、それに合う紅茶を選んでくれて、いただくという、もう天国のようなイベントです。定員は8人で、毎回いっぱいです。特別なケーキで、パティシエのチャレンジ部分もあります。

そうそう、grievousさんは甘党でしたよね。ほんと、近くだったらお誘いしたいですが、女性ばかりも、おばさんばかりよ~。

甘いものはひと時の幸せを感じさせてくれます。私が今回いろいろ思い出したのは、多分鈴木さんのおもてなしの心使いが素晴らしかったからだと思います。そしてスフレが優しかったからかと。
少し立ち止まって振り返って、また歩くエネルギーになる甘いものは豊かな社会ほど精錬されていて、私たちはその最も贅沢な場所にいると思います。
感謝ですね!

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2013/03/01 22:58 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。