ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

笑う門には…。  



…福来る。

ってことで、落語を聴きに行って来ました。
もともと落語は好きですが、詳しいというわけではないです。長崎だとTV局が時々興業するのをたまに聞きに行きますが、私が落語を聴きに行っているということは、周りの友人はあまり知りません。

で、今回は豪華な皆様でしたし、某ショップの割引券(激安)が手に入ったこともあって、早速長崎ブリックホールへ。ココは以前記事にした「駐車場騒動」があっところです~。今回は車椅子は無いですから。

ブリックに近づくにつれて、増える人々、しかも老人率高し。ほぼ老人。それがブリックホールの入り口に吸い込まれていきます。私も片足は老人世代に突っ込んでいる立場とはいえ、こんなに沢山の老人を見るのは、長崎では初めてじゃないだろうか?と思われました。そして、私の席は安いので、一番後ろのブースですが、階段状のホールは舞台は見えやすい…が、流石に小さくて、表情までは見えないなと思いつつ、座って開演を待ちつつ、下階の様子を見下ろしていました。

…本当に老人だらけ!!しかも満席!
こんなに席が埋まっているイベントって、いきものがかり以来でした。平均年齢は今まで行ったことのあるライブの中では突出して高かったと思うわ~。

さて、話が始まりまして、前座は三遊亭楽大(2代目。因みに初代は伊集院光)、まあそこそこだな。しっかり修行するように。

そしてなんとトップが桂歌丸さんだっ!!何故??大御所が???なんでも飛行機の関係だそうですよ。

演目は古典の「おすわどん」がメインでした。歌丸さんは前にも聞いたことがあるのですが、やはり上手です。
現在76歳だそうですが、その年になると、役者さんでも割舌が悪くなって、声がくぐもって聞こえるものですが(黒柳徹子さんが気の毒なくらい聞きにくくなってますよね)、驚くほどキッチリと、はっきりとした声で驚きました。すごいわ。

途中休憩を挟んで、襲名したばかり感のある三遊亭円楽さん。こちらは2番手なので、少し軽めのお話。
最後が桂文珍さんで、文珍さんは関西落語なので、勿論関西弁ですから、軽快です。

落語は、根底に日本語の美しさがあって、咄家さん達はそれを大切に次へと繋いで行きます。そういうところが好きです。そして、高座に行く時は笑う気満々で行きますから、初めからテンション高いです。何ていうか「笑いどころを逃してはいけない~~!!」みたいな感じで臨みます。咄家さんの出で立ちもいいです。粋な着物姿は、普段の生活では少なくなりました。男の人は特に。若者も年寄も、着物はいいですね~。

…などと、妄想して、ふっと気づくと、周りの年寄、いまひとつ粋じゃないことに気づくワタシ。
だって、途中で何か食べたり、寝たり、携帯で話したり、もうやりたい放題でした。
席が後ろってこともあり、大して興味が無かったけど、まあ、安いし、有名どころだしって気持ちでやってきたのかもですけど…失礼だなと。

先々は粋な年寄になりたいと思った次第です。

スポンサーサイト

category: ちょっといい日

tb: --   cm: 2

コメント

No title

私も落語、大好きなんですよ。
一番好きな落語家さんは桂米朝さんですが近年はお歳でもう高座には上がられません。何度か聞きに行ったこともありますよ。関西ですので文珍さんも出られていました。上方落語が関西ですので親しみやすいです。文珍さんの「老婆の休日」聞かれたことありますか?お気に入りの一つです。

URL | kuishinbou #-
2013/06/14 15:56 | edit

kuishinbouさん!

コメント有難うございます!

わあ~~kuishinbouさんも落語お好きなのですね!しかも米朝さんって…。私は長崎で高座があったのしか行けないので米朝さんは全く聞いていません。なぜか独演会以外は歌丸さんが多いのですよ。
文珍さんの「老婆の休日」は有名ですよね。「体が丈夫だから病院まで来れる」ネタでしたっけ。子ども達が小さい時に私が病気で、子ども達を預けて病院へ行ったときに、ものすごい数の老人が待合で座談会やってたので、後でネタを聞いたときには大いに頷きました。
関西の落語って上方落語って言うのですね。忘れてました。
江戸言葉の落語より柔らかくて、こちらもまた良い日本語だと思います。

URL | ぴかぴ #YpqZtgVo
2013/06/17 14:43 | edit

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。