ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

松江  

60年に一度の式年遷宮、ここはひとつ出雲大社を参拝してこなくては!!
…ってことで、家族で島根に行ってきました。

長崎自動車道で鳥栖に向かい、そこから初めての九州自動車道を通ります。
私達は実家のある愛媛に帰るときには、大分自動車道を使うので、こちらは初めての道です。
福岡から小倉の方へ向かうのですが、その道は広くて車線も多くて、隣を大型トラックが何台も通り過ぎるし、トヨタやホンダもあるからか、新車を乗せたトレーラー(?っていうの?)が何台も通ります。日本の運輸業の大動脈を見た気分です。勿論おなじみの宅配便のトラックも通り過ぎるし、本当にすごい!!国力ってこういうことなんだなと思いました。

20130913114639.jpg
これは関門海峡。ここを過ぎると中国自動車道です。
中国自動車道は、山口県、広島県、島根県が行ったりきたりって感じの道なんですが、とにかく車が少ない。
時々、前も後ろも対向車もいないという状況になりました。なので、運転は快適~。

新しく出来た松江自動車道を通って、松江玉造ICで降りました。
そして目的地の松江、宍道湖の畔のお宿で13日は1泊しました。

夜の松江の街。宍道湖の畔です。宍道湖、すごく大きいです。海ですよ~。
20130913184042.jpg

松江の街にあるハートストーン。夜なのでいろいろな観光地は行けなくて、こんなんばかり探しましたよ。
因みに私と夫君の足。
20130913204944.jpg
松江はお店が閉まるのがすごく早くて、夕食を求めて歩き回る我等、開いていても入り口が沢山の階段だと、車椅子が入れません。お宿も入り口に段差があって、建物に入るとフロントからEVホールに行くまでに階段という作りでした。実は2泊目の出雲のホテルもそうだったのですが、何故か建物の中に不要な階段があって、古い建物が多いので、その頃、こういう作り方がトレンドだったのかも…と思いました。バリアフリーだったのはコンビニとファーストフード店でした。やれやれ。

で、ともかく夕食、お腹がすいて、彷徨うご一行、ようやく見つけたLO20:30の郷土料理のお店…間に合った~。
そしてそこでも、受付から食堂に行くまでに、ほぼ1階を登らねばならないような階段…おそらくは宍道湖を見ながら食事というコンセプトなんだろうけど…でも受付の方はじめ、皆さんが気を使ってくれて、待合のテーブルで食事が出来ることとなりました。

待つことしばし。

出てきたお料理は島根の郷土料理だそうで、だし汁をかけて食べる蜆ご飯とか、煮物とかなんですが、これが美味しい!お腹のすき具合を引いても、ものすごく美味しい!!大当たりだっ!!!

…ということで、お腹が満たされたわれわれ、お会計をしていたら、娘が「ママ、ちょっと大変!」と言う。何かと思ってそちらへ行くと、なんとそのお店、今の天皇皇后両陛下もいらしたという…使われた食器類(こちらの特産の塗り物の)が並べてありました。美味しいはず…。
お店の名前は『臨水亭』といいます。オススメだよ。(あまりの空腹に写真を忘れてました…)



さて、翌朝。

お泊りした旅館は大変古いもので、建物の中に階段があったり、地階の温泉に行くのに階段しかなかったりだったのですが、事前に車椅子と伝えてて、朝食はお座敷の部屋と言うことでしたが、わざわざ宴会場を開けてくれてて、椅子席を使わせてくれました。
実は電話をかけたときは、なんていうか、車椅子って何??みたいな反応で、もう少し電話の応対を学べよなって思ったくらい。朝食も、椅子席は作るけど、車椅子は使えませんとか言われてて、じゃ、そこまでは抱っこかな~、夫君と二人だし、何とかなるだろ…(ええ、私一人でも抱えますけどね)と思っていたら、結構考えてくれてて、しかも美味しい朝ごはんでした。
20130914084051.jpg


そして松江城を見学。
これがまた綺麗なお城でして、その石垣が素晴らしいの。
20130914104046.jpg

お堀はぐる~んと船で廻れます。
20130914105535.jpg

そして、出雲へ向かいます。

スポンサーサイト

category: ちょっといい日

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。