ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

美しい足を持続させる方法?  

2017夜明け

九州地方も寒いのですが、雪が降り積もっている他の地方に比べると、申し訳ないくらいです。


寒い日はウチにこもりがちになるのですけど、主婦ですから絶対にお買いものに行かなきゃいけなかったり、なにかと用事ができますよね。それを思うと、世間で言う引きこもりとか、絶対に自分の代わりに外出してくれる人がいることが大前提で成立しる訳なんで、どんだけ恵まれた環境なんだか…とか思ってしまいますわ。

もういやいやですけど外に出て歩いていると、最近の若者って、内またで歩く人、多いですよね。膝が曲がってて、ちょっと類人猿みたい。せっかく若くてぷちぷちした足なのに勿体ないです。私が若いころは、むしろ強さを表す感じで肩パットの上着でつま先が外向きでそそり立ってたものですが。
そのことを娘に言ったら、ちょと前に雑誌のモデルが内またでポーズをとるのが流行ったそうで、それがカワイイって事だったみたい。そういう人たちは普段の生活ではちゃんとまっすぐな足なんだろうけど…。真似した一般人はもう癖になって抜けないことってあるみたいです。
ストレッチの先生は、若い子のそういうのは足の筋肉がきちんとついてないからよ~と言われましたわ。年を取って膝が曲がってくるのは膝の後ろ側の筋肉が弱くなるそうですよ。気を付けたいです。

じゃ、どうしたらなるだけ長い間まっすぐな足でいられるのかしら?

それはやはり良く歩いて、筋肉をつけること。そしてその筋肉を柔らかく保つためによく伸ばすことだそうです。
因みに、次男のリハビリの先生によると、年ごとに筋肉は衰えるし、鍛えても限界があるけど、柔らかくするのは幾つになってもでもできるそうです。

頑張るわwww



スポンサーサイト

category: ふつうの日

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret