ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

激突!台風13号!その2  

今回の台風13号は進路が問題で、15年前の台風19号と同じ向きということで、前日から官民合わせて注意がビシビシ飛んでいました。
このコースに来ると雨も風もひどくて被害も大きくなります。

19号のときは長い停電になりました。大きな病院が隣にあるウチのマンションは停電の復旧は早いのですが、ここだけ回復しても貯水池は回復しないので水道が使えなくなります。あの頃は子供がまだおっぱいだったので、私が水を補給しなくては母乳が出ないので大変でした。それ以来我が家は必ず2Lボトルで6本のミネラルウォーターをキープしています。

今回も停電になったのですが、復旧にかなり時間がかかりました。
水源地は大丈夫だったようで水道は何とかなりました。涼しい気候だったのも良かったのかも知れません。

1度不便を経験しているのであれこれ準備はしていたのですが…。

暗闇の中ですごした何時間かは、日々いかに私達が電気に依存しているか、便利になったはずの今の生活が、実は紙一重な不便を抱えているか考えさされました。

生活の基礎になる、電気、水、ガス。これらが当たり前のようにあり、たとえ寸断されてもまた短時間で供給されることは本当にありがたいことです。

ランプ

さて、今回の大活躍は19号の後に買っていた西ドイツ製の軍用ランプです。停電した時に懐中電灯ではポイントしか照らせなかったので、用心のために購入していました。灯油が燃料です。軍用なので風で消えることはないそうです。これを買ったとき夫は大笑いで、多分使うことはないよ~大げさな…といっていたのですが、ほ~ら!役に立ったでしょ!
15年間出番を待っていたのよ。ミリタリー仕様の物はシンプルで強くて使いやすいので好きなのですが、ドイツ製とスイス製のものは特に美しいです。

暗闇でおにぎり

このランプの光の中でおにぎりを作りました。御飯がぎりぎり炊けていたのがラッキー!

キャンドル2
キャンドル1

部屋のあちこちにキャンドル・ライト。こちらも大活躍。


ベランダの被害。
お隣と繋がる
パーティーションが割れて、お隣と繋がってしまいました。これも15年ぶり。あの時は2歳だった娘が5歳だったお隣のお姉ちゃんのところへベランダからいけると大喜びでした。懐かしい思い出です。
今はおねえちゃんは都会の大学に行っています。朝から電話があって、うちの事も心配してくれていたそうです。

長崎市が台風の目に入ったところです。
台風の目に入る
午後7時頃、暴風雨が嘘のようにやんで、空が綺麗に晴れています。しばらくは静かだったのですが、午後11時頃からまた暴風でした。

今朝はあちこちの大きな樹が倒れていて、子供達の学校も被害が出たようです。見慣れた街路樹も多く倒れました。自然の力の大きさを痛感します。

街中を九州電力の車が倒れた電柱や切れた電線への注意を流しながら回っています。長崎市や西部ガスもスピーカーで大放送です。夫は今日は仕事、多分とりあえず掃除でしょうね。マンションでも早朝から皆がベランダの大掃除、ひどかったね~というのが挨拶の言葉です。
ウチもベランダをせっせと掃除しました。鉢植えや自転車を戻して、汚れた窓と網戸を拭いて、ようやくいつもの生活に戻りました。

人も強いです。

スポンサーサイト

category: ふつうの日

コメント

備えあれば・・・

憂いなし(笑)!15年待機した軍用ランプも活躍の機会を得たのですね。街の被害はどの程度でしょう。あまり大きな被害、人的被害が出ていないといいのですが。しばらく日本のニュースをチェックできなかったのですが、今日から1週間休みなのでこれからチェックしてみます。
ところで、15年前というと1991年ですよね。ドイツ統一直後ということで、もしかして旧東ドイツ人民軍の?!と一瞬思ってしまいましたが、読み直してみたら西ドイツのものと書いてありましたね(^_^;)。うちのすぐそばにミリタリールック&グッズのお店があるんですが、多分そこで売ってるでしょう。私も非常用にひとつ買っておこうかしら。

URL | ぴかまま #0f8TWzyY
2006/09/18 23:37 | edit

ぴかままさん!

ようやくこのランプの出番でしたよ!あの時は散々笑われたんです。けど、本当に備えあれば…でした。
1991年は息子が生まれた年です。ソ連が崩壊した年でもありました。因みに1989年のベルリンの壁崩壊の年には娘が生まれています。民主主義な姉弟です。
私は生きているうちにベルリンの壁がなくなるなんて思っていなかったので、ドイツが統一された時は感動しました。それからの復興はとても大変だったようですが。

長崎市内は昨日の夜にはほとんどの世帯の電気が復旧したそうです。19号の経験があったからか今回の被害は台風の規模のわりには少なかったそうです。でも折れて倒れた樹木を見ると切なくなります。

URL | ぴかぴ #-
2006/09/20 11:40 | edit

よかった!!

ぴかぴさん、無事でよかったですね。
来るのが遅くなってごめんなさい。

長崎直撃のニュースを見て、ぴかぴさん大丈夫かしらって心配でした。台風の目に入るなんて恐ろしいですね。私も子供の頃そんな記憶が・・・。自然の力には太刀打ちできません。

そんな中でランプが役にたちましたね。備えあれば憂いなしですね。ドイツ製なんですか?娘にたのんでおこうかしら・・・。^^
電気、ガス、水道といわゆるライフラインが断たれると有り難味がよくわかりますよね。震災の時はイヤと言うほど思い知らされました。

何はともあれ御無事でよかった!!

URL | kuisinbou #-
2006/09/20 12:50 | edit

ぴかぴさん、こんにちは。

きれいなんていってる場合じゃないんですけど、やっぱりきれいですね。

しかも、頑丈で使いやすいとは。何か、次の台風、関東に来るとかいう噂があるので、ニュースをチェックして備えてみます。

URL | くらら #AQ4vyV86
2006/09/20 14:23 | edit

kuisinbouさん!

有難うございます。ご心配をおかけしました。

なんとか切り抜けました。このコースは久しぶりでした。19号の教訓があって、うちのマンションの皆さんはかなり周到に準備していたようです。

以前kuisinbou さんが書かれていた震災の記事を、こういう自然災害に会うといつも思い出します。あの時の震災にあった人たちの大変さがどんなだったか…。

今日になってもまだ片付かない物があちこちに散乱していて、破損した派手な看板の残りや屋根のブルーシートが悲しげに鮮やかです。
けれど人は逞しくてどんどん日常に戻っています。こういうエネルギーは好きです。

西ドイツの軍用ランプは働き者でしたよ。電池式のランタンも良かったそうですが、途中で切れた御宅もあったそうです。

URL | ぴかぴ #-
2006/09/20 23:26 | edit

くららさん!

14号は関東に接近ですよ~。
もう勘弁して欲しいですよね~とは言っても、自然には逆らえませんけど。
どうか気をつけて下さい。

ところでさだバトン、今考え中です。でも私ってば本当に昔のしか知らないな~とあらためて思いました。テープもレコードも(この辺が昔よね~LPですから)実家なので、いろいろ思い出しつつアマゾンなど見ていたのですが、私がクラシックに回帰したりGLAYなど聞いているうちに、まあ、なんて沢山のアルバムが出ていたか思い知りました。

最近のも聴きたくなりましたよ。

URL | ぴかぴ #-
2006/09/20 23:38 | edit

お疲れ様でした!

いやぁ、すごかったですねぇ、13号のヤツ!
長崎は停電で大変だったのですね。ランプの明かりが
誇らし気に見えます^^

福岡は幸いなことに電気や水道などのライフラインにはそ
れほど大きな影響はなかったようです。

でもやっぱり風がすごかったので、街路樹が倒れたり、樹齢○十年の
立派な木がけっこう倒れてしまったようで。切ないです。

高層マンションに住んでる知人は、ガラスがまるでレンズかと
思うくらいに風で歪んで、全て割れるのを覚悟したって
言ってました。雨戸がないのも怖かったって。

ベランダの壁、見事に割れてしまったのですね!
非常出口用だから割れやすくはできてるのでしょうけど、
実際目にするとびっくりしてしまいますね。

うちも昨日、玄関前に吹き溜まってた落ち葉などを掃除して
やれやれという感じです。
 もう来ないで欲し~い!
 

URL | mocataro #-
2006/09/21 22:15 | edit

お久しぶりです。
台風大変だったですね。
私は台風の直撃というものを経験した事がないので、とても興味深く読ませていただきました。
停電とかになって、不自由な生活になった時、家族の気遣いとかがあったりして絆が深まりそうだな~と勝手に思ってしまいました。
(^^ゞ

URL | MYU #wQdlryMw
2006/09/22 14:08 | edit

mocataroさん!

久しぶりの激台風でしたね~。
長崎は台風が来ると毎年のようにライフラインが混乱します。経験が生かされない土地柄かも?

樹齢の高い樹が倒れると、やたらと切なくなりますよね。なんか守ってくれていた物が喪失した様に感じるのかもしれません。こちらでもすごいんですよ。あちこち倒れています。

ウチのマンションでは2件ほどガラスが割れたそうです。1件は台風のさなかだったので、リビングは全壊だったそうです。
保険に入っていたので少し安心だったそうですが。我が家も保険を検討中です。

後始末の掃除は大変ですよね~。ウチもベランダに葉っぱがベタ~とくっついています。箒で掃いても取れません。とほほ…。

14号は逸れたのかしら。自然を侮るなかれですね。

URL | ぴかぴ #-
2006/09/24 12:50 | edit

MYUさん!

お久しぶりです。

九州は台風銀座ですから、毎年の恒例行事です。長崎では豊後水道に抜けるコースの時はあまり大きな被害は出ないのですが、今回のように台湾側から熊本をたどってくると、風向きの関係なのかすごいことになります。15年前がそうでした。

今回、マンションの人たちは、15年前の19号経験者が多く、水関係も早めに準備し、風呂も早く入って備えていたようです。ガラスが割れたお宅は気の毒でしたが、その話をしていたときに、UVフィルムを台風のために貼っているお宅がかなりあって、皆さん災害には備えているな~と感心しました。

家族の気遣いがあることも、不便さゆえ喧嘩になることも、いろいろあって、それはそれ特別行事(?)ゆえの出来事として記憶に残ります。ハハハ・・・。因みに我が家はよく揉めるところです。

URL | ぴかぴ #-
2006/09/24 12:58 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pikapino.blog46.fc2.com/tb.php/75-29de15e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)