ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

最近買ったこんな本~FC2TBテーマ  

『地球の食卓』 ~世界24カ国の家族のごはん
     ピーター・メンツェル&フェイス・ダルージオ

世界の食卓


ハードカバーの本はほとんど買わない(ハリーポッターを除く)私ですが、大枚2800円を叩いて買いました。

著者達は24カ国の平凡な家庭を取材し、30家族の1週間分の食材を写真つきで紹介しています。各家族ごとに食費の内訳が、穀物・でんぷん、肉・魚・卵、調味料、嗜好品、デザート・スナック…などに分けられて日本円で換算しているので、それぞれの食料事情を想像できます。

24カ国は、
オーストラリア、ブータン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、チャド、中国、キューバ、エクアドル、エジプト、フランス、ドイツ、イギリス、グリーンランド、グアテマラ、インド、イタリア、日本、クウェート、マリ、メキシコ、モンゴル、フィリピン、ポーランド、トルコ、アメリ合衆国。

ね、ちょっと覗いてみたくなりませんか?

写真による取材の他にレポートやエッセイもあって、なかなか読み応えがあります。実はまださわりの部分しか読んでいませんが。
とりあえず写真だけは全部見たのですが、食の事情というのは国の問題点を鋭く含んでいるような気がします。
勿論こういう取材に応じることができる家庭は、特に発展途上の国においては経済的に恵まれているわけで、その背後には食事すらできない、日々の食べ物を確保することすら難しい人々が居るわけです。そして、先進国に関しては食の豊かさの種類が違っていて、問題も違っていますが、どちらも深刻であることは同じです。

食生活は問題がなくても食事の環境に問題ありな家庭に育った私は、どんな食事であっても、贅を尽くした懐石料理でも、立ち食いで食べる駅のお蕎麦でも、学校帰りに食べるファーストフードでも、失恋してやけ食いに走るバイキングでも、食べながら心が満たされたり、傷が修復していったりする食事はよいものと思っています。けれどカロリー事情の記事など読むと、社会全体がもう一歩踏み込んで栄養のことを真剣に考えなくてはいけないなと思いました。

取材に応じた家族達は大人も子供も、食べる物を前にするとなんとなくしあわせそうです。日々の生活や人生において、食べることがどれほど人をしあわせにするかが写真を伝ってきます。
スポンサーサイト

category: ふつうの日

tb: 0   cm: 2

コメント

うわぁ

これ読んでみたい!
見るところ翻訳物ですかね?原題はHungryPlanet?
こっちでも出てないかなあ。
探してみます。

・・・探してみたら、こっちでは英語版が手に入るみたいです。
でもアマゾンあたりでだとかなり高~い!35.50EURですって!5000円以上です!
アメリカから直接取り寄せれば4000円くらいで買えるみたいですけど・・・書店の英語本コーナーで立ち読みしようかな(爆)。

URL | ぴかまま #0f8TWzyY
2006/10/10 18:47 | edit

ぴかままさん!

これを立ち読みしたら、腕の筋肉が痙攣しますって。でも重くて高くて場所をとりそうな本なんで、購入となるとかなり迷いました。

今、食について国でもようやく取り上げられてきていますが、先進国と途上国では問題が全く違っていて、私達が栄養のバランスなんて言っていること自体いかに贅沢かが解ります。(最貧国は登場しないですが…そもそも食べる物がないから)

どういう政治形態でも国民を飢えさせないでいる国は偉大かも。

URL | ぴかぴ #-
2006/10/15 12:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pikapino.blog46.fc2.com/tb.php/78-5bf58ce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。