ぴかぴのじみろぐ。

日々の記録。地味です。

手抜きのDNA~母の野生児アップルパイと娘の裏技スコーン  

秋たけなわ!
先週の生協で紅玉を購入。勿論毎年恒例のアップル・パイです。
もともとお菓子作りは(~も!)あまり得意でないので、繊細な物は作れません。アメリカ式(??)にガッ!と焼いてガツッ!と食べるようなモノがウチの定番です。優先順位は「量」です。
《野生児アップル・パイ》

アップルパイ2【材料】
紅玉…6個
レーズン…100g
砂糖…180g
 (きび砂糖が美味しい)
レモン汁…大匙2杯
バター…60g

冷凍パイ皮…一袋(4枚入り)
卵(表面に塗るため用)


【作り方】
フィリングを作ります。
1.紅玉は皮をむいて4つに割り、3~4mm程度の薄切り。
2.鍋にバターを溶かして1.のりんごをさっと炒めます。
3.砂糖、レーズン、レモン汁を入れて弱火で煮込みます。
4.煮えたらしっかり冷まします。前の日にここまでしておきます。

形成します。オーブンは200℃に温めておきます。
1.冷凍パイ皮を戻します。くれぐれも戻しすぎないでね!
2.上になるパイ皮に包丁で切れ目を入れます。端は残しておいてね。
3.天板にクッキング・シートを敷いて、パイ皮をのせます。
 フォークで空気抜きの穴をあけてね。
4.パイ皮の中央にフィリングの半分をのせます。
 両端にはけで溶き卵を塗って2.のパイ皮をかぶせます。
5.両端をフォークで押し付けるように止めます。
6.表面に溶き卵を塗ります。
 同じようにもう一個作ります。

200℃のオーブンで30分程焼きます。表面が好みの焼き色になったらOK。味見は端っこでして下さいね!写真は既に味見の後…。

アップルパイ1なぜ野生児かというと…フィリングにシナモンを入れないところとか、パイとフィリングの間にケーキクラムのような水分を吸い取る心使いがされていないところとか、パイ型で成形しないところとか、パイ生地をのばさずにいきなり使っちゃうところとか…荒っぽい作りなので。それから出来上がりを待っていたピラニア軍団が熱々をものともせずにガツガツ食べちゃう姿が野生児を連想させたので。アップルパイって普通冷やして馴染ませて食べますよね…。


アップルパイを焼くにあたって、前日にフィリングを作っておいて、さあやるぞ~と行動開始したところで、娘が「ええ~っ!わたしがスコーンを焼くって言ってたやん!」といい始めまして(言ってないって!)めでたくブッキング。2人ともレンジが新しくなったので使ってみたいだけなんですよね。多分…。

スコーンというわけで、娘の『裏技スコーン』です。裏技って『伊東家の食卓』の裏技です。スコーンは生地を作るときにバターを冷やして小さく切って粉とすり合わせるように手早く混ぜるのが定石です。でもこれはバターを溶かしてその中にヨーグルトを混ぜ、それを粉に入れて使います。焼き上がりは変わらないスコーンです。添えるのはクロテッドクリームが正式みたいですが、ないので生クリームです。

ここでも裏技があって、生クリームにレモン汁を入れて泡立てるとあっ!!という間に出来上がります。不思議ですよ~。


それにしてもどちらも手抜きですよね。何につけても簡単に済ませたいナマケモノの性格は、きっちり遺伝子に組み込まれているみたいです。
恐るべし!我等のDNA…。
スポンサーサイト

category: 美味しい日

コメント

アップルパイ美味しそうですね。
(o^-')b
スコーンは私も作ります。
近くに米軍がある影響で、一度『ガイジン』の食べているバターたっぷりのスコーンを食べると、ケン〇キーのビスケットが美味しくないと思うようになってしまったんですよ。
それから、スコーンを自分で作るようになりました。
バター増量は美味しいですよ~。
体重も増量しますけど・・・。
(^^ゞ

URL | MYU #wQdlryMw
2006/10/26 14:16 | edit

うちも♪

シナモンは入れますが、我が家のアップルパイも大体同じような工程で作られます!

おいしく食べられれば細かいことは気にしな~い♪

バターにヨーグルト?生クリームにレモン汁?
これはいいことを聞きました。近いうちにやってみようっと。

URL | mocataro #-
2006/10/26 14:52 | edit

偶然!

私もさっきリンゴを煮ました。
紅玉をスーパーで見つけるとアップリパイが焼きたくなります。
今、リンゴのいい匂いが漂ってるのよ。

私もぴかぴさんと同じ野生児アップルパイです。長方形のアップリパイは生地の無駄が出なくていいですよね~。
明日焼きまーーーす。

URL | kuisinbou #-
2006/10/28 20:24 | edit

MYUさん!

最近娘がお菓子作りに興味を持ってくれて、あれこれ挑戦するのですが、その影響で市販品のバターの量が少ないような感じがしています。やはり手作りは美味しいですね。

お互い、美味しい罠には気をつけましょう。

URL | ぴかぴ #-
2006/10/29 09:02 | edit

mocataroさん!

わ~い!
ここにも野生児組??

繊細なお菓子も好きなのですが、自分で作るとなると・・・。

溶かしバターにヨーグルトを混ぜると、バターを細分化してコーティングするそうです。これはスコーンを作るときにバターを小さく切って粉と混ぜるのと同じ働きだそうですよ。(キリコさんがおっしゃるに)

生クリームにレモンは酸がたんぱく質を固まらせる働きを利用したそうです。びっくりするくらい早く泡立ちますよ。今までFPでやっていたのですが、手間が省けて…手抜きの技は歓迎です。

URL | ぴかぴ #-
2006/10/29 09:15 | edit

kuisinbouさん!

紅玉は出回る期間が短いのでしょうか?こちらでは生協でしかお目にかからないのですよ。

アップルパイはめったにお菓子を作らない私が唯一季節ごとに作るお菓子です。多分母が作っていたからだと思います。もっとも母はもっとしっかり手を掛けて丁寧に作っていましたが・・・そういう遺伝子は妹に任せています。
性格も考え方も全く違う母子ですが、秘かにこういったことが伝えられているようです。

kkuisinbouさんちのアップルパイも楽しみ!できればお呼ばれしたいです~~。

URL | ぴかぴ #-
2006/10/29 09:22 | edit

リンゴがタップリですね。
今年はまだリンゴのケーキもパイも作ってません。
私もクラムはつかいませんよ。
紅玉があるうちに作らないと・・。焦りますね。紅玉時期が短いもの。

裏技スコーンの作り方面白いですね。
クロテッドクリームはどこでも売ってませんね。1年前ミリアムさんがクロテッドクリームの作り方を載せたのでみんなで競って作ったものですよ。
リンク先記載しておきますね。
http://milliam1.blog49.fc2.com/blog-entry-8.html#more
もっと本格的にとおもうならチャレンジを。

URL | ポメマル #-
2006/10/30 14:16 | edit

すごいおいしそう!全然手抜きに見えない!!

URL | しっぽとぽっぽ #-
2006/10/30 20:09 | edit

きゃ~ポメマルさん、ミリアムさんのクロテッドクリームのリンク有難うございます!
誰かがどこかで作っていたよね~というのはウロだったのですが…。今度是非作ってみたいです。
やはりこってり~なクロテッドクリームがいいですよね!

ポメマルさんの宝石のようなリンゴジャムを作ってみたいです。私も辰巳さんの本を持っていて、存在自体は知っていたのですが、なかなか行動に移せません~。

URL | ぴかぴ #-
2006/11/01 17:33 | edit

しっぽとっぽさん、こんにちは。
ご訪問有難うございます。シナモンロールがいっぱいのお宅には、時々お邪魔しているのですが、いつも読み逃げで…。

えへへ、本当に手抜きなんですよ~^^
リンゴの美味しさで逃げ切っているという感じです。

URL | ぴかぴ #-
2006/11/01 17:37 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pikapino.blog46.fc2.com/tb.php/83-9506d594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)